それぞれの顔の形に合ったメンズ向けサングラスの選び方
445 ❤

夏と言えばサングラスの出番です。
運転中や照り返す日差しから目を守る意味でもサングラスは便利なオシャレアイテムです。

しかし街中でサングラスをかけている人を見ると、どことなくダサかったり似合っていなかったり…
やっぱりサングラスは外国人だけが似合うものなのか?と思ってしまいます。

そこで今回はそんな日本男児のために、それぞれの顔の形に合ったメンズ向けサングラスの選び方をご紹介したいと思います。


サングラスの選び方


719
紫外線の季節になるとメンズサングラスが人気になりますが、昨今は日本製の他にも多くのブランドからサングラスが売られて居て、自分に似合う物が見つからないと言う方がとても多くなって居ます。

選び方の基本は顔の形に合って居る物がベストですが、フレームの幅や色にも拘る事で自分に一番合ったサングラスを身に付ける事が出来ますので、沢山の種類を見て客観的な意見を取り入れる事で一番の形を探し当てる事が出来ます。

休日用や会社用に使い分けて居る方も多く、出勤時の紫外線対策や休日のレジャーでの紫外線を遮断出来るのでシミ対策としても活用される方も増えて居ます。

多くの外国製の物でも昨今はフレームが日本人使用に作られて居る物が多く、顔に違和感が無いので普段でも気軽に掛ける事が出来る物が多く販売されて居ますので、時と場所を選んで楽しみながらファッションとして取り入れて数種類を持って居ると、洋服にも会わす事が出来るのでとても便利な御洒落のアイテムになります。


サングラスと顔の形


721
顔に合った形を探している方の基本的な選び方としては、顔が小さめの方でしたらフレームが細い物が違和感なく装着できると言われて居ます。逆に顔が大きい方は少しゴツイ感じのフレームでも十分迫力ある御洒落で自然な感じで似合うと言われて居ます。

メンズサングラスの形にも沢山ありオーバル形、バタフライの形、スクエアの形、チェアドロップの形と昨今は沢山の形が販売されて居ますので、必ず見た目で購入はせずに試着してから購入するか、店員からのアドバイスなどを貰うようにした方が確実に似合う物を付ける事が出来ます。

昨今はネットでも多くの店がシュミレーションシステムと言う物を使って装着した感じの写真を自分で見る事が出来ますが、実際に装着してみたらきつくなっている場合もあり、動いているとずれてきてしまう事もありますので、実際にお店に足を運んで装着してみる事をお勧めします。

ありますが昨今は非常に沢山の種類も販売されて居ます。


おすすめのメンズサングラス一覧


720
選び方は顔の形の他にも年齢層と言う物もありますので、顔の形の他の基準として価格帯も注意して選ぶ事で相応しいメンズサングラスを選ぶ事が出来ます。

とても人気な世界最高級と言われる物も沢山ありますが、30代で装着していると職業が怪しい人に見えてしまう事もありますので、十分気を付けて選ぶようにして出来る事であれば30代の方には2万円前後のブランドがとても似合う物が多く販売されています。

特にバタフライ形やティアドロップ形やオーソドックスなスクエア形は非常に無難な種類で色も豊富な種類が多いので、必ず自分に合った物を選ぶ事が出来ます。ブランドでは無い余りにも安物を装着していると顰蹙を買う事もあり、ある程度収入があると思ってもらうには少し奮発して買うようにした方が周囲の受けが良いでしょう。

ブランド物でも3万円程でスマートな物が買う事が出来ますので、数個持って居て時と場所に応じて装着すると御洒落度もかなり上がりますしセンスも輝きます。

また下記に日本人でも似合いそうな、おすすめのメンズサングラスの一覧をご紹介しておきます。
この辺りのブランドやデザインから探してみてはいかがでしょうか。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る