ビジネスで使えるカジュアルな服装のポイントは?
86 ❤

ビジネスの場での服装、迷いますよね。

特に暑い夏は、ジャケットなんて着ていられない!と言うのが正直なところです。
「クールビズ」も提唱され、カジュアルめで許される会社が増えてきましたが、あまりにカジュアルすぎても問題です。

ビジネスの場では相手に配慮した装いをする事が基本となります。

そこで今回はビジネス場で使えるカジュアルな服装のポイントをお伝えします。




Sponsored Links


ビジネスで使えるカジュアルな服装のポイントは?


数年前に政府主導で「クールビズ」が提唱され、暑い夏にノージャケット、ノーネクタイでOK、というスタイルが広がりました。
男性にはうれしい新習慣でしょう。

世の中では男女ともにファッションはカジュアル化してきています。
しかし、ビジネスの場では保守的な考えの人が少なくありません。

ビジネスの装いの基本は「相手に配慮すること」。
キャリアのある方や年配の方など、フォーマルな印象を求められると予想される場合は、それに合わせるのが当然のルールです。
「半袖シャツでノーネクタイの人」と「ビジネススーツにネクタイの人」では、同じ内容のものをプレゼンテーションしても、印象はまったく異なります。

カジュアルOKのオフィスでも、着こなしには要注意です。
ビジネスで使えるカジュアルは、普段着に見えないことがポイント。
薄手のコットンなど張りやコシのない素材は、色落ちや生地がのびるとだらしなく見えます。
高価でなくても、新品感のあるものを身につけましょう。
スーツで上下揃えなくても、品のよさが保たれるテーラードジャケットは来客を考えてロッカーに常備しておきたいです。

たいていのカジュアルが容認されている女性でも、ある程度のTPOマナーがあります。
訪問先の会社でお茶を出してくれた秘書が、”素足にミュールでミニスカート”、だったのを見て、「常識がない」と感じたという人もいます。
肌が過剰に露出し、体型がはっきり出るものはビジネスには不向きです。
とくに初対面では肩から手まで素肌が見えるノースリーブや、素足はNGです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る