ベストタイムは何時間睡眠?多忙なビジネスマンに必要な睡眠時間とは?
646 ❤

多忙なビジネスマンにとって“睡眠時間”はとても大切なもの…
「朝5時に起きて○○しよう!」、「1日1時間で○○をするだけで変わる」というようなビジネス本もたくさん出ていますよね?
一生の1/3を睡眠に費やす人間にとって、エッジの効いたビジネスマンなら当然、ベストの睡眠時間の使い方は違うはずです!




Sponsored Links


そもそもベストな睡眠時間はどれくらいなの?


867
睡眠時間(寝る時間)は大人になると人それぞれ違ってくると考えられますが、医学的には6時間~8時間ほどの睡眠時間をとることが推奨されています。
これ以上長くても短くても人の身体にはよくないということで、あまり睡眠をとれていない生活を送っている人は、癌や心疾患などの病気のリスクも高まってしまうということです。

しかし、忙しい日々を送るビジネスマンはなかなか厳しいのではないでしょうか。
特に仕事が忙しい時など、寝られないことも多いでしょう。

普通のビジネスマンでも平均的な睡眠時間は4時間~6時間だということです。
これは医学的に推奨されている睡眠時間よりも約2時間ほど少ないということになります。

睡眠をとるということは、体の疲労をとるということはもちろんですが、ストレスを解消するという働きもあります。
また、寝ることで人は一日を快適に過ごす事ができるのです。




Sponsored Links


睡眠時間が少ないとビジネスに影響するの?


868
では、ビジネスマンは睡眠の少ない生活を送っていて、快適に働くことができているのでしょうか?
睡眠のベストタイムが人によって異なるように、ビジネスマンとそうでない人の寝る時間にもベストタイムの違いというものがあります。

ビジネスマンはどんなに短くても4時間半は寝ないと体のリズムが整わず、時には不眠症などの病気になってしまうこともあると考えられています。

不眠症とは?
不眠症は文字通り入眠や眠り続けることができないというような睡眠障害の一つ。
眠れない状態が持続し、日常生活に支障や障害を引き起こす場合もある。
基本的に不眠症は、どの年齢でも発生する可能性があるものの特に高齢者に多い。

しかし、毎日4時間半というのは流石にストレス解消もできませんし、身体の疲れもとれません。
ですので、もし平日に仕事で忙しくて寝られなかったとしたらちゃんと休日に寝ることをおすすめします。
睡眠時間というものは人によってそれぞれ違うものです。

そのため一概に何時間がその人にとってのベストタイムかということは言えないでしょう。
しかし、睡眠によって疲れやストレスが改善されるということ、ちゃんと寝ることで病気になりにくくなるということはどんな人にも言えることだと考えられます。
もし、平日に仕事で忙しくて寝られないという人は、休日にしっかりと睡眠をとることをおすすめします。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る