男の「眉毛ボサボサ」はナシの方向で…ビジネスマンの眉毛の整え方
1538 ❤

営業と言えば、他社に赴き自社の商品やサービスの良い部分をアピールすることで契約を勝ち取るビジネスマンの大切なお仕事です。
デキるビジネスマンにはノルマが設定されていることが多く、そのノルマを達成するためには出会うお客様全員に好印象を与えなければなりません。
なぜならエッジの効いたビジネスマンにとって、商品やサービスについて精通していることは当然で、営業マンとしても自分自身も気に入ってもらう必要があるのです。
つまり営業するのは商品ではなく自分自身だということですね。


デキるビジネスマンでも見逃しがちな「眉毛」の手入れ


933
そこで問題となるのが自身の身だしなみです。
そもそもビジネスマンどうのこうのよりも、男たるもの日頃から身だしなみを整えるのは当然です。

しかし、清潔感のある頭髪やしっかりとアイロンがかかったワイシャツ…
控えめでありながら体型に合ったスーツなどを揃えているものの、意外と疎かになりがちなのが「眉毛」なんです。

眉毛は意識しないとお手入れをしない部位なので、気付くことがなければずっと“ボサボサ”のままになってしまうのです。
伸び放題のボサボサ眉毛は間違いなくお客様に悪印象を与えてしまいます。
しかも鏡は毎日のように見ていても、眉毛は意識しないと「伸びてきたな…」と気づきにくい部位でもあります。
だからこそ、普段から眉毛をしっかり意識して、お手入れやケアしておきましょう。




Sponsored Links


男のボサボサ眉毛を整える方法


932
眉毛を整える方法は「ハサミ」と「毛抜き」を使います。
まず、コーム(櫛のこと)で長さを均一に揃え、コームから飛び出した無駄毛をハサミでカットしていきます。
この時、ハサミをコームに当てるようにして眉上部のラインに沿ってカットします。

続いて、目の上にある産毛(うぶげ)を抜きます。
ハサミでカットすることは難しい部位なので、毛抜きを使って1本1本処理しましょう。

その際に、鼻の上に位置する右眉と左眉の間…
いわゆる眉間(みけん)と呼ばれる場所も、しっかりと毛も抜いてつながらないようにしておきます。

そして、眉山から眉尻にかけての外側にある(左右の眉毛の外側部分)無駄毛も毛抜きを使って丹念に抜けば完成です。
その際の注意点として、細すぎるカットは避けるようにしましょう。

ボサボサは不潔な印象を与えてしまいますが、細すぎる眉も不自然な印象を与えてしまいます。
「なんかこの人の眉毛ビジュアル系の人見たい(笑)」、「眉毛の周りだけ白いな…」、「この人、男性なのに女の人みたいに眉毛手入れしてる!」と思われないように、ほど良くお手入れをしすぎないように、少しずつ整えていくことがポイントです。




Sponsored Links


まとめ


935
眉毛は、髪型や服装と同様にビジネスマンの第一印象として重要な部分です。
何より、その人の表情や機嫌などを他人は自然と眉毛のバランスなどからも判断していると言われています。

眉毛が上がっていたら怒ってる…、眉毛が下がっていたら落ち込んでいる…
そんな印象を私たちは受けているのです。
だからこそ、デキるビジネスマンは今日から男のボサボサ眉毛を卒業して、しっかりとお手入れを欠かさないようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る