忙しいビジネスマンが楽しい人生を送るための考え方
509 ❤

自分の一生が幸福だったかどうか?…
女性と比べ、男性にとっては大した問題ではないかもしれません。

しかし「充実していたかどうか?」…
は大きな問題です。

80年代の半ばにニューヨークで、26歳にして2000万ドルという大金を手にした青年がいました。
ハンプトン·ルトレンドという男性です。

株取り引きで儲け、若者のカリスマ的存在になったのですが、SEC(米証券取引委員会)の査察を受ける問題を起こし、一気に落ちぶれて、どこかに消えてしまいましや。

この男性が十数年後にニューヨークに戻ってきて、みんなをびっくりさせました。
今度はお金ではなく、生き方を180度変えてしまったからです。

ハンプトンの羽振りがよかった頃のニューヨークは、彼と同じような若きスーパーリッチが大勢いたましたが、彼らはみな一種独特なライフスタイルをもっていました。

煙草は喫わない、アルコールは飲まずミネラルウォーター…
ステーキの代わりに大豆製品を食べる…
さらにジムで体を鍛え、体重を増やさない…
そういうストイックな生活です。




Sponsored Links
 

ところがその彼が仲間内から姿を隠している間にすっかり変貌してしまったのです。

十数年ぶりにニューヨークに現れたとき、ハンプトンを知っている人間は彼をひと目見て絶句…
昔より20キロも太っていたからです。

それだけではありません…
葉巻をスパスパと喫い、ビールやウイスキーをガブ飲みし、霜降りステーキにパクついていたのです。

ニューヨークには以前ほどではありませんが、ストイックな生活を継続している人間がまだまだ相当いたため、彼らは口を揃えてハンプトンにこう尋ねました。
「体に悪いんじゃないか?」…と。

彼はこう答えます。
「体に悪い?…体に悪いから、葉巻がうまい。みんな、何が体にいいとか悪いとか、言われるのにうんざりしないのか?脂肪分ゼロ、塩分ゼロ、そんなの味わいゼロの世界じゃないか。いずれ死ぬのに、そんなに体を大事にしてどうするんだ?」と。

日本人には理解しにくいかもしれないですが、アメリカ人というのはライフスタイルの保持を宗教儀式のように重要視するところがあります。
そして、一度でも自分たちの仲間だった人間の180度「転向」に厳しい目を向ける傾向にあるのです。

抑制的な生活をやめ、好き勝手に食べたり飲んだりする生活を送るハンプトンは、眉をひそめられ「自虐的になっている」と思われました。
しかし彼は彼で逆のメッセージを、かつての仲間たちに伝えたかったのです。

それは「楽しいってことは、羽目をはずすってことなのさ」と。
苦労して大金を稼いでも、ストイックに生きて本当に楽しいのかということです。

彼自身が一時期、そういう生活を経験したから、彼らの気持ちもハンプトンにはわかっていました。
彼らは節度ある生活を誰も楽しんではいなかったのです。

日本でもみんなダイエットに夢中になっていますが、決してそれが楽しくてやっているわけではないのと同じだ。
ただ「痩せる必要がある」、「痩せてる方がかっこいい」という思いでそう努力しているに過ぎません。
ハンプトンは自分の気持ちに正直に生きていない人たちに、「楽しくない人生なんて、生きる価値はない」ということを伝えたかったのです。

ハンプトンが身をもつて主張する人生観と生き方に、彼らは少なからず衝撃を受けました。
かくして以前と中身が違うが、彼は再びカリスマ的な存在になったのです。




Sponsored Links
 

さて…男性の遊びにもいろいろありますが、道楽と趣味的遊びの違いは「節度」にあると言えます。
節度をもっているのは趣味的遊び、節度のないレベルに入るのが道楽といっても良いのです。

おそらくハンプトンは、挫折している間に道楽的な「遊び」に開眼したのでしょう。
彼はたまたま日本人のイメージする道楽「飲む、打つ、買う」に近い世界にいますが、道楽の世界は、もっと幅広いものです。

たとえばクラシックカーに凝るとか、骨董に夢中になるのも立派な道楽です。
趣味の世界からもう一歩奥に踏み込んでいくのが道楽です。

では一体、道楽なんかに人生の価値はあるのだろうか?…
ハンプトンの言葉ではないが、人間は自分の人生を楽しく充実させるためには時に羽目をはずしてみる必要なのです。

そうすることによって、自分が今まで気づかなかった生き方がわかってくるのです。
たとえばダイエットに凝り固まるのではなく「太ったっていいじゃないか」という選択肢もある…
ということを実感することです。

発想の転換をしてみることが決して無駄ではないのは、自分がもっている人生の充実度を一変させるチャンスを摑めるからです。
カマスという魚を水槽に入れて、ガラスの壁で半分に仕切ると、カマスは仕切られた範囲内でしか遊泳しなくなるそうです。

そうなってから、ガラスの仕切りを取り外しても、そちら側へは泳いでいきません…
はじめからダメだと思い込んでしまっているからです。
ビジネスマンも、その思い込みで可能性の目を潰していることは少なくないのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る