二日酔い(気持ち悪い・吐き気…)の解消法で「運動」はOKそれともNG?
525 ❤

昨日は飲み過ぎてしまった…
何となく胃が気持ち悪い…
吐き気がする…

社外はもちろん社内営業も欠かせないデキるビジネスマンにとって、時には二日酔いのまま会社に行かなければならない日もあるでしょう。

そこで「二日酔いをサッサと解消しよう!」思い、汗をかけば解消できると考え運動をするという男性は意外と多いようです。

しかしその方法は果たしてあっているのでしょうか…




Sponsored Links


二日酔いの解消法は運動で良いの??


886
結論から言えば、実は二日酔いになってしまった時に運動をしても二日酔いの解消にはなりません。
なぜなら運動をしても“アルコールは排出されない”からです。

二日酔いの原因となるのは毒性のあるアセトアルデヒドがありますが、アルコールやこのアセトアルデヒドは汗腺から排出されることがないのです。
つまり運動をしてもあまり意味がありません。

むしろ解消どころか、逆に危険な状態になってしまう可能性もあります。
それは汗をかくことで脱水症状になってしまう可能性があるからです。

お酒を飲んだ後はアルコールの利尿作用によって何度もトイレへたっていることも多く、体内が水分不足となっています。
その上、汗をかいてしまっては脱水症状を起こしてしまう心配もでてくるのです。

ちなみにこの水分不足は脳にも影響を与えていて、さらに吐き気や頭痛などが起きる原因ともなっています。

他にも二日酔いの時に運動がNGな理由は、血中にアルコールがまだ残っていることから急激に“血中アルコール濃度が上がって”しまって脳卒中になってしまうことがあるからです。
また心臓にも負担がかかってしまいます。

そして同様にお風呂に入ることも危険なので止めておきましょう。
正しい対策法としては医師がすすめるのは水分補給をすることです。

水分補給をする時にはアルコール分解に必要な糖分を補給することができるスポーツドリンク系を飲んでおくのも効果を期待できます。

蜂蜜レモンも蜂蜜が希少果糖がアルコール分解を助けて頭痛などの症状を軽減します。
食事に取り入れるのであればシジミの味噌汁も良いでしょう。

シジミのアミノ酸やビタミンが肝機能を高めてくれますし、タウリンがアルコール分解を高めるからです。
大根おろしもビタミンCやジアスターゼが肝臓や胃腸の動きを高めてくれますから食事に取り入れるのはおすすめです。




Sponsored Links


まとめ


884
特に若い男性に多い傾向ですが、二日酔いの気持ち悪い状態や吐き気などを気合いで治そうと、激しい運動をして汗から流してしまおうとする人がいます。

しかし、これはNGで脱水症状や最悪の場合、脳卒中になってしまう場合もあるので要注意です。
二日酔いになった時は、まず水分補給、そしてばシジミの味噌汁や蜂蜜レモン、蜂蜜などで体を労(いた)わってあげましょう。

自分の体をしっかりと管理できる人こそ、デキるビジネスマンと言えるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る