トレーニングベルトの必要性や効果が分かる男は筋トレをガチでやっている件
1000 ❤

ダイエットや健康、ムキムキマッチョになるため…
おしゃれな服が似合うように、女性にモテルように…
そんな想いを持って、仕事の忙しい合間でもジム(GYM)でトレーニングしているビジネスマンは少なくありません。

さて、そんな時にジムなどでトレーニングをしている人を見ると、腰あたりにベルトをしていることが多いことに気付きませんか?
はたから見ると、カッコよくみえるので「ファッション?」、もしくはムキムキの人だけが付けている「筋トレのプロが使う専門道具?」などどと思って気になっていた人もいるかもしれません。
実はあのベルトには必要性はもちろん、ふか~い重要な意味合いがあったのです。




Sponsored Links


トレーニングベルトの必要性


962
まず“あの筋トレの時にしているベルト”を「トレーニングベルト」と言います。
では、そのトレーニングベルトにはどんな意味合いがあるのか?、そもそも必要性があるのかどうか?…
気になっていた人も多いはずです。

では、まず筋トレをするとき、思い出してみてください。
「うん~」って踏ん張りますよね?
まるで、トイレにこもってりきむみたいに。
そのとき、腹筋や背筋には力が入ります。
なぜかと言うと、それはお腹や背中に力を入れないと、身体の肝心要である腰がフニャフニャになるからです。

では次に、力を出そうとするとき、呼吸は吐きますか?、それとも吸いますか?
試しに、やってみてください。
やって見ると分かると思いますが、筋トレは呼吸を吐きながらのほうが力は入りやすいはずです。

中には、息を吸いながらの方が良いという希少な人もいるようですが、基本的には吐きながらのほうが大きな力を出せる人が圧倒的に大多数です。

そうなると呼吸を吐く時に当然腹筋や背筋に力をいれる事になるのですが、これは例えば腕の筋トレをしているのに腹筋も一緒に鍛えているという事にもなるのです。
すると、この腕の筋トレは100%腕に集中して筋トレをしているのではなく、腹筋にも負荷が掛かり少し無駄をしている事になるのです。
本気で腕のトレーニングをしようとするときは、その部分のみに集中する方が効果的なのです。

では、どうするか…
そんな時にこそ「トレーニングベルト」が登場します。

このトレーニングベルトをすると、力を出したい部分に集中して力を発揮できるのです。
本気でトレーニングをする場合には、鍛えたい筋肉に効果的に負荷をかけると同時に、その筋肉に対して集中する必要があります。

そのため先ほどの例で言えば腕の筋トレを100%した場合には、トレーニングベルトを使用した方が効果的に腕の筋トレができ、だからこそ必要性を熟知している人はトレーニングベルトを使うわけです。




Sponsored Links


まとめ


963
デキるビジネスマン・サラリーマンであれば、筋肉を鍛える際に頭の中が筋肉ではNGです。
筋肉を鍛える理論や筋トレの効果をいかに最大限にするか、考えると同時に実行することが必要なのです。
この点は体を動かしながらも頭を動かし続けなければいけないビジネスと同じなのです。

もちろん本気のトレーニングでなくとも、最小限の努力で最大限の効果を出すには短時間集中が重要です。
だからこそ、効率的な筋トレを行う人はトレーニングベルトの必要性を理解しており、いくら筋トレと言えども最大限の効果を狙うわけなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る