残業・通勤・日々の生活リズムが変わりやすいサラリーマンの「理想の生活リズム」
1259 ❤

長時間の通勤や朝の異常なラッシュ…
満員電車なのに電車遅延でイライラ…

夜遅くまでの残業…
仕事が無くても上司が残業しているからと帰れないジレンマ…

挙句の果てに突然の遠方への出張…
有給休暇は1週間前に出せというくせに、出張は前日突然決定なんてザラ…

こんなのは一例です。
その他にも人間関係や仕事の内容、家庭のある人は家庭の問題も…
サラリーマン・ビジネスマンの仕事の悩みは尽きません。

では、そもそもサラリーマン・ビジネスマンの「理想の生活リズム」とは一体どんなものなのでしょうか?


会社のリズムが自分のリズム


829
さて上述したように通勤や残業などのイライラ・ストレスを日本の多くのサラリーマンはこんな感じではないでしょうか?

朝から晩まで会社で働いて、家に帰るのは夜遅く…
自宅は寝るだけに帰っているという人も少なくないはずです。

生活リズムなんてバラバラ…
会社のリズムが自分のリズム…
生活リズムが会社とシンクロしているレベルどころか、「完全にマッチングしている!」という人もいるでしょう。

そんな不自由な生活だからこそ、個々の生活リズムというものを持つことが、サラリーマンの「理想の生活リズム」を刻む第一歩なのです。




Sponsored Links


サラリーマンが「理想の生活リズム」を過ごすには?


826
自分のリズムを刻めないと、ストレスは大幅に増加します。

理想的を言えば、9時から17時まで仕事をして、残業はせめて1時間くらい…
夕方18時以降は親しい友人と遊んだり、一杯飲んだりしながら帰りも終電にならない程度。
通勤は、片道1時間以内でというのが理想でしょうか。

しかし、現実は厳しく、理想とは程遠い世界で働かざるを得ない状態が今のサラリーマンです。

そこで、この状態を打破する方法は?
このようなリズムを刻むためにはまず「運動」を取り入れましょう。

最初は自宅でストレッチや筋トレでも構いませんし、もう少し余裕があるのであれば隙間の時間を使ってジョギングなどがおすすめです。
身体を使うというのは、自分が思っている以上にストレス発散になります。

それでも全く時間が取れないという人は、例えば電車の定期を一駅前で購入しましょう。
そして半ば強制的に運動するようにするのです。

生活リズムを作るには、まず身体に覚え込ませるというのが効果的なのです。
もちろんストレスが発散されれば気分もスッキリして、健康的になりメタボにも効果的です。

そして運動に慣れてくれば体力がアップした事で、仕事での慢性的な疲れもなくなり、仕事のパフォーマンスも高くなるのです。




Sponsored Links


まとめ


828
サラリーマンが「理想の生活リズム」というと、仕事の効率化や時短を意識する事が大切なように思われます。
もちろん、これは大事な事で改善できる部分は改善すべきでしょう。

しかし生活リズムという部分まで考えるとなると、仕事を効率化だけでは理想的とは言い切れません。
もっと抜本的な改善が必要なのです。

それこそ忙しい通勤や仕事の合間に「運動」を取り入れる事で、ほんのちょっと運動であっても継続する事で生活リズムに大きな変化を及ぼすようになるのです。

デキるビジネスマンやサラリーマンは忙しい合間でも運動やスポーツを積極的に取り入れています。
一度、騙されたと思って、身体作りという新しい切り口を考えてみては如何でしょうか?

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る