ゴールデンウィークを一人で過ごす人は必見!充実した一人GWの楽しみ方
1339 ❤

ゴールデンウィーク(GW)は家族や友達とアウトドアや旅行に行ったり…
大好きなあの子をデートに誘ったり、彼女とどこかお泊りに出かけたり…

しかし、それがゴールデンウィークの正しい過ごし方とは限りません。
一人でも楽しくゴールデンウィークを過ごす方法があるのです。

今回は一人だからこそ楽しめる…
ゴールデンウィークを人で過ごす方法を3つご紹介したいと思います。


ゴールデンウィークを人で過ごす方法その1


462
ゴールデンウィークは長ければ10連休になることもあるほど長期の連休です。
とりわけ、社会人にとってはお盆休みや年末年始の休みよりも長くなる可能性もあり、せっかくの休暇を有意義なものにしたいと考えているはずです。

連休中はどこに行っても混んでいるうえ、周りを見ればカップルや家族連ればかりです。
そんな仲で楽しめるほどのメンタリティを持っている人は稀なので、外出せずに出来る有意義なことをしましょう。

例えば「勉強合宿」です。
資格試験や語学など日常生活の中では、なかなかまとまった時間が取れない勉強を、連休を利用して一気に進めてしまいましょう。

特に語学学習は初期段階の勉強量によって中期以降の学習効率が大きく違ってきます。
時間に余裕があり、集中できる連休に新たな言語を学んでみるのは非常に有意義な時間の使い方だと言えます。

なにしろ、もしゴールデンウィークが10日あるのであれば、1日12時間勉強したとすれば10×12=120時間も勉強時間を獲得できたことになります。

語学以外でも「個人情報管理士資格」や「危険物取扱者」、「日商簿記3級」などは月100時間が合格の目安と言われていますので、他の人がゴールデンウィークで楽しんでいる間に資格が習得できてしまう可能性もあるのです。

ですので、連休前に食料品や勉強道具などを買い込み、連休中は勉強に集中するまさに合宿形式の勉強を行えば、連休明けには急成長を遂げているかもしれません。




Sponsored Links


ゴールデンウィークを1人で過ごす方法その2


464

長いゴールデンウィーク1人で過ごすのなら、普段は彼女や家族、友人と行うことを1人でやってみるという過ごし方をしてみるのも一興です。
そこでオススメなのが「一人旅行」です。

旅行というと大勢で行くイメージが強いかもしれませんが、旅行は1人でも存分に楽しむことができるのです。
彼女や友人と予定を合わせる必要も無く、目に付いた店に誰にも気を遣わずに飛び込み、さらに目的地すら相談せずに自分だけで決められます。

まさにストレスフリーで、「一人旅行」ほど開放感にあふれた過ごし方はありません。
そもそも旅行とは、気持ちをリフレッシュする目的で行くもの…
つまり「一人旅行」ほど、その目的に適した旅行はないのです。

しかし、ゴールデンウィークはどの観光地も人であふれています。
この辺りは避けましょう。
どうしても他の人の目が気になってしまいますからね。

そこで、思い切って自転車やバイクでツーリングに出掛けるのです。
自転車はスポーツタイプのロードバイクやクロスバイクであれば1日で100キロを超える距離を移動できます。
またバイクも自動車とは違い小回りがきき、すり抜けも可能なため渋滞を避けて移動できます。

自転車やバイクはペースを他人に合わせる必要も無いため、行き先を決めずに気ままにゴールデンウィーク1人で過ごすには最適な移動手段になるのです。

他人に気を遣わずストレスフリーの「一人旅行」…
しかも、特に自転車は良い運動にもなりますからね。




Sponsored Links


ゴールデンウィークを1人で過ごす方法その3


461
実はゴールデンウィーク1人で過ごすのは、意外と世の中に大勢います。
その1人ものたちも、現代はインターネットによって繋がることが可能になっています。

そこで連休の過ごし方として、ネットワークを使った「ゲームに没頭」することもオススメです。
現在のゲームはインターネットに接続することでプレイヤー同士が協力してクリアを目指したり、チャット形式で会話をしながらストーリーを進めることが出来る機能が一般的です。

全国の1人者と協力してゲームを進めれば、寂しさを全く感じることなく過ごすことができ、さらにプレイヤー同士の一体感も高まりこれまでにないプレイをすることが出来るようになるはずです。

若い頃はゲームに熱中していたものの、最近は離れているという人も、ゴールデンウィークの長い時間を使って最新ゲームをプレイしてみましょう。
以前のゲームとはまるで別物のようなクオリティとプレイ感覚に驚きを覚えるはずです。
新しい趣味の一つになることは間違いありません。

ゴールデンウィークは1人だけど、どこかに出かけるのも、何か努力をするのも億劫だ…
そんな人には「ゲームに没頭」が一番良いかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る