電車で「変なおじさん」に絡まれたときのベストな対処法とは?
3192 ❤

日々、電車を使って出勤・退社するビジネスマン…
時には車内で変な人に出会うことがありませんか?

言うなれば、文字通りの「変なおじさん」です。
やたら変な行動をしていたり、何か一人で話していたり、酔っぱらっていたり…
そこで電車で「変なおじさん」に絡まれたときのベストな対処法について覚えておき、そんな時でも上手く切り抜けて通勤をスムーズに進めましょう。


対処法その1「車両を変える」


2326
電車に乗っていればいろいろな人がいるもので、中には変な人もいて絡まれることもあります。
そのような時には車両を変えて、相手から避けるのが一番いい方法となります。

突っかかってくる相手に対してやり返していてもいいことはありませんし、撃退をしたとしてもメリットが有るわけではありませんから避けるのがベストです。
金持ち喧嘩せずというように無益な戦いをするのは賢い選択ではありませんから、車両を変えることで相手を避けることができるのであればそれに越したことはありません。

挑発をされれば我慢できなくなってやりあってしまいたくもなるかもしれませんが、ストレスが溜まる場面等のはたくさんあるわけですし仕事をしていれば我慢しなければならないこともたくさんあります。
車両で絡まれるのも仕事をしていて、嫌な取引先に絡まれたぐらいの気持ちで流してしまいましょう。




Sponsored Links


対処法その2「周りの人に助けを求める」


2324
身の危険が及びそうなほどに絡まれる場合には、自力でなんとかしようとせずに周囲の人に助けを求めるのも悪い選択ではありません。

大の男が変なおじさんから絡まれたからといって助けを求めるのはプライドが許さないと思ってしまうこともあるものですが、当事者同士でケリをつけようとすると大問題に発展してしまう恐れもありますから自ら手をくださないで周りの人に助けを求めてみましょう。

助けを求める時にポイントとなるのは不特定多数の人に助けを求めるのではなく、特定の人物を指定して助けを求めるということです。

車両内に人がほとんどいない場合は不特定多数の相手に呼びかけても助けてもらいやすいのですが、人が多いと逆に誰かが助けに入るだろうという心理が働きやすく誰も助けてくれないということも起こりうるので相手を指定して助けてもらいましょう。




Sponsored Links


対処法その3「ケンカする」


2325
対処法としては望ましくはありませんが、相手がどうしても許せないのであれば徹底的にやりあうというのも一つの対処法ではあります。
売られた喧嘩を買わずに逃げてそれが一生後悔のもととなるのであれば、納得行くまでやりあうというのも選択肢としてないわけではありません。

ただし、この場合代償が大きいことは理解しておく必要があり口論で済めばよいのですが、殴り合いに発展をするようなことがあれば相手の方から手を出してきてやむにやまれず応戦したという場合でもなければ喧嘩両成敗となってしまいますので注意が必要です。

社会人は殴り合いをするような事自体がすでに大問題となりますから、解雇とまでは行かないにしても懲戒処分は避けられませんから喧嘩をするのであればそのことを覚悟の上で戦う必要があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る