30代独身男の趣味が「音楽鑑賞」と「読書」だけではマズいワケとは?
1549 ❤

合コンや会社など話題に上がる趣味の話。
「趣味はなんですか?」と聞かれて、良く答えるのは「音楽鑑賞」と「読書」だと思います。

けれども30代独身男性の場合、趣味が「音楽鑑賞」と「読書」だけではマズいのです。
実は30代独身男性は多彩な趣味を持つべき理由があったのです。


30代独身男の良くある趣味


1244
30代独身男性のよくある趣味に「音楽鑑賞」と「読書」があります。
就職の面接や婚活(結婚相談所)、合コンなどでよく見聞きする言葉です。

一見とても知的で誠実なイメージですが、実はこれでは印象が薄く、記憶に残らないと感じる人が多いようです。
しかしこの種類が悪いわけではなく、また無理に増やしたり別のものに変更する必要もありません。
この2種類だけに言える事ではありませんが、それぞれ細かいジャンルというものが存在します。

ただの音楽鑑賞と読書よりも「○○(音楽のジャンル)の鑑賞」と○○(本のジャンル)の本を読むこと」と聞いた側は、より専門的な知識を持っていそう、また他の人とは違うようなイメージが頭に残り易い事が多いようです。
ただし本当に好きになれるジャンルを選ばなくてはいけません。適当に選んで答えるとただの嘘つきになってしまいます。




Sponsored Links


30代独身男は多彩な趣味を持つべき理由


1247
趣味が少ないことは悪いことでも恥ずかしいことでもありません。
しかし適度に多趣味で人生の荒波を乗りこなしてきた30代の独身男性に、自分の知らない世界を教えて連れて行ってくれそうといった期待をもつ女性が多く大変受けが良い場合が多いようです。

また何かしらの理由で転職や起業などをする時、誰もが答えることが多い「音楽鑑賞」と「読書」と答えてしまうと面接官や取引相手に対し、適当に答えてしまっているようで悪いイメージが残る場合があります。

ひとつのことを極めるのも大変立派で素敵なことですが、この世のすべての人が貫きながら生きていけるものでもありません。
将来性の点を考えてもその場合はやはり、記憶に残りやすいように軽めでよいので専門的な知識がある事をアピールできたほうがメリットは大きいのではないでしょうか。




Sponsored Links


まとめ


1246
履歴書や無難な自分アピールによく選ばれる「音楽鑑賞」と「読書」ですが、
自分が本当に好きになったものを他人の意見に流されて手放したり、変更したりする必要性は全くありません。

好きなものは好きで貫き通せばいいだけの話です。
しかし見つめる先を少しずらしただけで人生が変わる入り口が出現することもあるかもしれません。

今現在見つけられない、今すぐにどうすることもできない人はキープしながら、ゆっくり新しい分野を開拓することを考えてみてはいかがでしょう。
趣味はストレス発散や癒し以外にも自分を成長させてくれるチャンスをくれるものでもあります。

今現在の自分に満足していたとしても、「今はまだ見つけてはいないけど、何か良いものがあれば楽しんでみたい。」といった気持ちを口にしたり行動していると自分では想像できなかった人生の選択肢に出会えるかも知れません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る