電車で席を譲ると断られた…そんな時の上手い対処法は?
934 ❤

電車でお年寄りや妊婦さんに席を譲る…
エッジの効いたビジネスマンなら当然の行為です。

しかし時には電車で席を譲ると断られた…
ということもあるのではないでしょうか。
こういった時、意外と困ります。

さて、もし「電車で席を譲ると断られた」…
そんな時の上手い対処法には、どんなものがあるのでしょうか?


電車で席を譲ると断られた時の対策「席を譲ったらその場から離れる」


415
人によっては電車で席を譲られると、そんな年齢じゃないと嫌な気分になってしまう人もいます。
譲る側は好意で行ったことでも、それが逆効果になってしまうのです。

譲りたいと思った場合はそれをアピールするのでなく、さりげなく立ってどこかへ移動するのがスマートなやり方でしょう。
また譲ったあとずっとその場にいてしまうと、それがかえって威圧感になってしまうこともあります。

以前そのような経験をしてしまった人に譲った場合は、それが嫌で断られることもあります。
シートは譲り合って利用するものですが、それが恩の押し売りにならないように注意しましょう。

もちろん、ほとんどの人が恩を押し売りするつもりで譲ることはありませんが、恩着せがましく感じてしまう人がいるのも事実です。
自分が嫌な気持ちにならないためにもその場を離れるのがベストです。




Sponsored Links


電車で席を譲ると断られた時の対策「そのまま立つ」


413
座りたいと思う人が座りますので、無言で立てばその空いたシートには別の人が座ることになります。
立っただけであれば「次の駅で降りるんだろうな」と思うため、次に座る人も譲ってもらった感じはしませんし、断られることもありません。

毎日同じような時間に通勤通学をしていない限り、もう会わない人もいるかもしれません。
しかし袖触れ合うも他生の縁という言葉があるように、すれ違った人でもどこかで縁がある可能性もあります。

周りの人に親切にしている人は、いつかその親切が自分に帰ってくるでしょう。
ただ、その場で立っただけでその場にいてしまうと、次に座った人が申し訳なく感じてしまう可能性もあります。

できれば少し移動したり、別の車両に行くなど距離を保っておくと良いでしょう。
特に老人や体の弱い人に譲ろうとして空けたのに、別の元気な人が座る可能性もありますので、そういう人に対してはかなりのプレッシャーとなることがあります。




Sponsored Links


電車で席を譲ると断られた時の対策「傷ついた表情でまた座る」


414
もし断られてしまった場合に最も惨めになってしまうのが、また座る行為です。
一度こういう経験をしてしまうと、断られるのが恐くなってしうこともあります。

特に人が多い車内では、やり取りの一部始終を見ている人もたくさんいます。
降りるまではずっとその視線に耐えていかなくてはなりませんので、もう一度座るくらいであれば他の車両に移動してしまったほうが良いです。
傷ついた表情を出すことが余計に自分を惨めな気持ちにしてしまいかねません。

シートを譲り合うのは悪い行為ではありませんが、譲り方や譲られ方次第ではどちらかが傷ついてしまうこともあります。
自分がそういう場面に出くわしたら、相手の気持ちを考えた行動ができるように、普段から頭の中でシミュレーションをしておくのも悪くはないかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る