30代男性が「手に職をつける」職業と言えば?今からでも遅くはない!
8960 ❤

「手に職をつける」と言うと、今も昔も将来的に困窮しない為の予防措置としてよく言われることです。
一般的に30代ともなれば、すでに社会である程度の経験・地位を得ていることが多く、その時点から改めて新しい知識・スキルを身に着ける必要性自体があまり高くはありません。

しかし、だからと言って手に職をつけるための行動が全く不要だという事では無く、キャリアアップのためにも手に職をつけることに力を注ぐことは非常に大切です。




Sponsored Links


30代男性が「手に職をつける」職業と言えばやっぱりIT系?


1405
30代という事で、会社での立場などを高めるために手に職をつける(キャリアアップを目指す)という事は非常に大切です。
男性・女性に関係なく、また30代・40代と言った年齢もそれほど関係はありません。

今、特に30代にとっておすすめの職業としては「IT関係」です。
IT業界と言っても、大概のジャンルはすでに開拓されてしまっています。

全く知識も経験が無い人がおすすめの職業だからと言って参入を検討したとしても、実用的なレベルになった段階ではすでに遅いという事も考えられます。
専門的な知識・スキルを身に着けて「フリーランス(職業)として活動する」という事を目指すことはリスクが大きいので、副業・副収入として考えることが必要です。

例えば、ワードやエクセルに関する習熟度を高めることで職業として活用できる可能性があります。
中でも「キャリアカウンセラー」、「コーチ」、「ホームヘルパー」と言った仕事は男女問わず遅いタイミングから学ぶことがしやすいものです。
ただし、男性の場合は30代から全く違ったジャンルに転職できるだけのキャリアを身に着けるという事は簡単ではないありません。

その点、パソコンスキルに関してならば男女・年齢を問わず高いレベルで身に着けることが比較的容易です。
仕事でパソコンを使用している人ならば尚更、仕事では全く違う事をしていたとしても出勤前後の時間を活用してスキルアップを目指すという事も可能です。

「職人」と呼ばれるような人たちは、かなり若い段階から毎日毎日技術を磨いています。
そうした人たちと競争しようとしても無謀なことは目に見えていますが、パソコン関係ならば人によっては数か月程度で仕事にできるほどに達することが出来ます。

日々新しい情報・技術が開発されていくIT業界ではあるものの、根本的な部分は大きく変わることはありません。
今後、非常に大きな変化が訪れる可能性はもちろんありますが、それはそれでビジネスチャンスとして活用することが出来ます。

特に最近では「クラウドソーシング」と言った方法で収入を得るという事も容易になっているので、スキルを強化しつつビジネスで通用出来るように訓練するという事もしやすくおすすめです。




Sponsored Links


30代男性が「手に職をつける」職業BEST10とIT系の未来


1407
厚生労働省のデータによる30代男性の職業別の平均年収では1位が「航空機操縦士(年収:1,485万円)」、2位は「大学教授(年収:1,303万円)」、3位「航空機客室乗務員(年収:万円)」となっています。

また続いて、4位「大学助教授(年収:1,036万円)」、5位「医師(年収:967万円)」、6位「高等学校教員(年収:954万円)」、7位「記者(年収:933万円)」、8位「各種学校・専修学校教員(年収:844万円)」、9位「一級建築士(年収:723万円)」、10位「自然科学系研究者(年収:697万円)」となり、ほとんど研究者や学術関係になります。

そうして、「IT関係」という部分では、ようやく11位で「システム・エンジニア(年収:696万円)」、その後69位になって「プログラマー(年収:498万円)」が出てきます。

年収から見ると、「IT関係」は上位ではありませんが、IT関係の中でも様々な分野に分かれ、さらにこれからも新しい分野が広がっていくという部分を考えれば、まだまだ30代男性でも「手に職をつける」望みのある職種かと思います。

またプログラマーで世界的にも有名になシステムやアプリケーションを制作した人も少なくありません。
その中には誰もが知る億万長者もおり、可能性は無限にある職種と言っても過言ではありません。

今からシステムエンジニアやSE、プログラマーをなどのIT系の分野に入っても遅くはないでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る