結婚を諦めた…と思った男が親を説得するにはどうしたらイイか?
3447 ❤

不景気や女性の社会進出など、様々な影響で晩婚化が進んでいます。
中でも男性の場合、子供を産むことがないため、結婚を焦るということが少ない傾向にあります。

そして中には「一人が楽だから…」、「モテないから…」などを理由に、結婚を諦めてしまう男性も少なくありません。
しかし、そのことを息子の結婚や孫の顔を楽しみにしている両親に伝えるのは、なかなか酷なもの…

そこで「結婚を諦めた…」と思った男が、親を説得するにはどうしたらイイか?…
この点について考えてみました。


男性が結婚諦める年齢はどれくらい?


2302
以前は20代でゴールインする人も多くいましたが、最近では30代40代で結婚する人も増えており、それに比例して諦める年齢も高くなっているというのが現状です。
女性が子供の出産をあきらめるのとは違い、男性の場合は、相手の女性が若ければ自分の子供を産んでもらうことは可能です。

そのため、たとえ40代になっても、その年齢に達した瞬間、諦める人は少ないです。
ただ、50代ともなるとさすがに厳しいと感じる人が多くなるのも事実で、ゴールインを目指す情熱が薄らぐようになります。

20代や30代でも全く恋愛していないことで、若くしてすでに考えていないという人もいます。
年齢を理由とした諦めは50代から一気に増え、それを理由としないケースであれば20代からでもこうしたことを考えている人がチラホラ出てくることを知っておくことが大切です。




Sponsored Links


男性が結婚諦める理由


2301
20代で諦める人の多くは、自分に対する自信のなさ、先行きの不透明さ、恋愛経験の乏しさ、今の生活が充実し、趣味に没頭しているなど複合的な要因によって結婚することを考えない人です。
最初から無理だろうと思っている人もいるため、あわよくばゴールインしようとすることすら考えていない人も多いのが特徴です。

30代や40代は今の仕事が楽しくて全く考えていないという人が多くなります。
仕事が充実し、趣味に使えるお金も増え、自信にみなぎるようになり、パートナーがいなくても自分でなんとかすればいいやと思うようになります。

50代もこうした傾向がさらに加速し、それを補うように犬などのペットを飼い、大切なものを守るという欲求をそこで満たす人も出てくるようになります。
年代によってその理由が全く違うことは明らかで、理由が変化することも当然出てきます。




Sponsored Links


男性が結婚諦めたときに親を説得する方法


2305
親としては孫が見たい、跡取りがほしい、跡を継いでほしいなど様々なことを考えますが、なんといっても世間体を大事にする親が多いため、相手が見つからないことへの焦りはかなり出てきます。
そのため、顔を合わせるたびに相手はいるのかどうかというのを問うようになります。

自分には無理だから諦めてくれとストレートに言っても、親は当然引き下がりません。
親を渋々納得させるには、今の生活がとても充実していることを見せていくことが得策です。

相手がいなくてもとても楽しいのだというのを見せれば、親としては何も言う気になれず、現状を黙認するようになります。
家族を作ることは幸せであるという思いがあるからそう願うだけで、子供が今でも十分幸せであれば、これ以上求めるということはしなくなります。
そのため、今の生活がいかに充実しているかを見せていくことが重要なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る