朝起きれないで「仕事行きたくない」と感じる人の3つの特徴
576 ❤

朝になって目を覚まして、「ああ、仕事にいきたくない…」
そう感じるようなことは多々あるかと思います。

時にはあまりに眠すぎて、「このまま眠ってしまいたい…」という想いを持った人もいるでしょう。
そこで朝起きれないで「仕事行きたくない」と感じる人の3つの特徴に関してご紹介し、そんな状況を少しでも改善していきましょう。


朝起きれない人の特徴その1「夜更かしをする」


1688
朝起きれない人は、夜更かしをしている場合が非常に多いです。
出勤時間は決まっているため、夜更かしをすると必然的に睡眠時間が短くなって疲れが取れず、起きたときに「仕事に行きたくない」と感じてしまうのです。

夜更かしは人間にとって良いところはなく、早寝早起きをするべきです。
しかし、どうしても夜更かしになってしまう原因は仕事から帰ってくる時間が遅いことにあります。

定時で帰宅できることはほとんど無く、20時過ぎに帰宅して夕食を食べ、お風呂に入り一休みをしたらもう寝る時間になってしまいます。
それでは自分の時間が全く取れないため、夜更かしをしてしまうのです。

改善のために、朝早く起きることを心がけましょう。
夜更かしをして作っている自分の時間を、早朝に持ってくるのです。
朝にやりたいことをやってしまえば、仕事に行きたくないということも無くなるはずです。




Sponsored Links


朝起きれない人の特徴その2「休みの日と仕事の日の生活リズムが違う」


1686
朝起きれない人は休日と平日の生活リズムが違うことも大きな問題です。
これは交代制の勤務をしている人や夜勤の人に多く、朝起きて昼を過ごし夜に寝るという一般的な生活リズムを実現できないことが原因です。

仕事の日は夕方からの出勤や早朝までの遅番などによって生活リズムが狂い、休日は一般的な生活リズムで一日を過ごせるものの、休日が終わればまた不規則な生活リズムになってしまうため仕事に行きたくないと感じてしまうのです。

生活リズムは人の身体に大きな影響を及ぼし、不規則な生活リズムが続くと健康を害することもあるほどです。
また、精神的にも億劫になり何に対してもやる気が出ないという状態に陥りがちです。

生活リズムを元に戻すため、配置換えや転職を考えることも一つの手段です。
夜勤をしなくてもよい職場で仕事をすることが解決方法になるのです。




Sponsored Links


朝起きれない人の特徴その3「ストレス発散が足りてない」


1687
生活リズムが一般的であるにも関わらず朝起きられずに仕事に行きたくないと感じる人は、ストレスが溜まっていることが原因です。
多くの人にとって、働くということはストレスとの戦いでもあります。

職場での作業環境や上司との意見の違い、同僚とのチームワークなどストレスを感じることは多々あります。
そんな会社で生まれたストレスを休日に発散し、再び会社に行くのが社会人なのです。

しかし、平日なのに朝起きられずにいる場合、ストレスが蓄積されて許容量を超える寸前だということです。
これ以上のストレスには耐えられないため、起きられないのです。

この場合は、仕事の日と休みの日で精神面をきっちりと切り替えることが大切です。
朝起きれない人は特に休みの日に思い切り遊ぶことで熟睡でき、起きられるようになるはずです。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る