旅に出るならボストンバッグそれともスーツケース?
557 ❤

毎日、働き詰めのビジネスマン…
時には連休をとって、どこかに旅行にも行きたいものです。

そんな時、ちょっと悩むのがボストンバッグで行こうか?、それともスーツケースで行こうか?…
ということ。
あなたはどちらで行きますか?

ボストンバッグにもスーツケースそれぞれメリットとデメリットがあるのです。


スーツケースのメリット・デメリット


939
スーツケースは比較的長期の旅行に利用するというイメージがあります。
また飛行機を利用した移動などにも最適です。飛行機では預かった荷物をひとつひとつ丁寧に積み込んでいる時間はありませんので、どうしても雑に扱うこともあります。

使用を重ねたスーツケースにはたくさんの傷が見られ、その傷の数ほどたくさん旅に出ている証としてむしろ喜ばしいことと捉えている人もいます。
宿泊回数が多くなると着替えの持ち合わせも増えるため、たくさんの荷物を効率よく収納することができ、キャスターがついているため移動も楽に行えるのがスーツケースのメリットです。

ただ、荷物がまとまったため重量もそれなりになった状態で階段移動などをする場合は持ち運びにくくなってしまうことや、使用しない期間自宅に収納しておくスペースをかなりとるというデメリットがあります。
荷物の量に合わせて容量を変化させることができるタイプはそういったお悩みを軽減してくれるためおすすめです。




Sponsored Links


ボストンバッグのメリット・デメリット


937
ボストンバッグは大人が持つおしゃれなカバンといったイメージがあります。
男女のカップルや友人同士の一泊旅行など、短期の宿泊に向いています。

一泊分程度の荷物を収納するにはぴったりのサイズですが、お洋服とコーディネートしておしゃれな旅スタイルが楽しめるのが何よりのメリットです。

また宿泊を伴わないドライブなど日帰りのレジャーにも使えますし、お仕事や買い物など日常生活において使用していても違和感がありません。
トレンドに合わせて買い替えることもでき、使用頻度に無駄がなくクローゼットなどに収納しておいてもそれほど場所をとることはありません。

素材によっては水にぬれると変色してしまったり、バッグの中身の大切なものを濡らしてしまうこともあります。
大き目のボストンバッグをクロークに預ける際は鍵がついていないものは心配なことや、荷物が増えすぎると見た目が不格好になってしまうことがボストンバッグのデメリットだといえます。




Sponsored Links


まとめ


936
スーツケースとボストンバッグのどっちを持つかお悩みの方は、旅先の状況についてイメージしたり、シミュレーションしてみることが大切です。
車移動によるレジャーなどでは中身の出し入れがしやすく持ち運びも簡単はボストンバッグがおすすめです。

宿泊日数が一泊や二泊程度なのでそれほど荷物は多くないという場合でも、家族など同行人数が多い場合は全員分をスーツケースにひとまとめにしてしまったほうが移動便利なときもあります。

どっちもメリットとデメリットはありますが、お出かけ先の気候や移動手段によってより便利な方を使用できるようにどっちも準備しておくことが理想的です。

また使用するバッグ選びだけでなく、中身を効率的に収納できる知恵やグッズについても知識として身に着けておくことをおすすめします。
チャック付きのポリ袋は衣類を圧縮して収納することができるだけでなく、水にぬれたものを入れるなど用途の幅が広く、必ず利用したいアイテムです。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る