パソコンでの目の疲れ…自宅で癒す3つの方法が効果的!?
362 ❤

毎日パソコンと向かって、肩が凝って仕方がない…
特に目の疲れが中々とれないという人も少なくないでしょう。

そこで、そんな日々パソコンに向かって「目の疲れ」がとれないというビジネスマンに向けて、自宅で癒す3つの方法についてご紹介しておきましょう。


自宅でパソコンの目の疲れを癒す方法「目を温める」


2212
まずは簡単にできる「目を温める」方法を試してみましょう。
そもそも、目が「疲れた」と感じるのは血行が悪くなっているから。

作業をしていると、どうしても目の周りの筋肉が緊張してしまい、それに従って目元の血液の流れが悪くなってしまいます。
そこで、目を温めて血行を促してあげましょう。

目を温める手段としては、濡らしたタオルをレンジで1分程度温めたものを使うのがおすすめです。
目元にあてて目を閉じて、1~2分の休憩タイムでリラックスしてみてください。

作業が煮詰まってきたときに、リフレッシュする意味でも効果的です。
タオルを準備する手間はありますが、自宅で簡単に、確実に効果がある手軽な方法です。

今は市販で目元を蒸気で温めるグッズも発売されていますので、そういったものを利用してもよいかもしれません。
くれぐれも、やけどにはご注意ください!




Sponsored Links


自宅でパソコンの目の疲れを癒す方法「目の周りをマッサージ」


2210
続いて、目の周りをマッサージする方法です。
これも目の周りの筋肉をほぐして、血行をよくしてあげることが目的です。

目のマッサージにはちょっとしたコツがあります。
目元は実は皮膚が薄く、ごしごしこすったり強く押したりすることは、眼球を痛めたり、逆に疲れを引き寄せてしまったりして危険な場合があるのです。

そこでおすすめは、目の周りでも「眉毛」を中心にマッサージすること。
眉毛のあたりであれば、安心して刺激をすることができて、しかも効果てきめんです。

眉毛の筋肉は目を見開く時に使う筋肉なので、パソコンに長時間向かっているとどうしてもここに凝りがたまってきます。
人差し指と親指で、眉毛をつまむようにして、刺激をしてみてください。

コツはゆっくりジワーッと刺激をすること。親指でジワーッと押し込むのも効果的です。
先に書いたように、温めながら押すとより効果的かもしれませんね!




Sponsored Links


自宅でパソコンの目の疲れを癒す方法「寝る」


2211
パソコンの前で上記の応急処置を行っても、どうにも目の疲れが取れない!
そんなときは、もう目を開けていることを体が拒否している状態です。

解決方法は一つだけ。思い切って寝ちゃいましょう。
閉じようとしている目を無理にこじあけていると、目の疲れを呼び起こしてしまいます。

「そんなこと言っても、仕事が残っているから無理」
そんな方は、15分と決めて目を閉じてみるといいですよ。

15分程度の短い仮眠には、集中力を回復させる効果があるといわれています。
無理に目をこじ開けているよりも、よっぽど有意義な時間の過ごし方だとは思いませんか?

もちろん、そのまま深い眠りに入ってしまわないように、「アラームをする」、「作業中の椅子で寝るようにする」などの工夫は必要ですが、本当は寝てしまうのが目を癒すには一番手っ取り早い方法なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る