選ぶなら…やっぱり安産型体型の女性の方がいいの?
291 ❤

安産型体型という言葉を聞いたことがありますよね?
安産型体型の人は、スムーズに出産できるからいいわね、なんて言われたり・・・。

褒められているのか、けなされているのかわからないところがありますが・・・。
そこで今回は、実際のところ安産型体型の人は、出産時に本当に安産なのかを調べてみました。




Sponsored Links


安産型体型の女性は本当に安産なのか?


世代的なものなのか、仕事仲間や友人夫妻に”おめでた”が相次いでいる今日このごろ。
少子高齢化が懸念される世にあって、周囲で起きているちょっとしたベビーブームは、なんだかこちらまで幸せな気持ちにさせられます。

ところで、昔から女性の体型を表す言葉に、「安産型」というのがあります。
読んで字のごとく、お産がスムーズに運びそうな体型を指すものだが、この言葉に根拠はあるのでしょうか?

実際に調べてみたところ、根拠はあるそうです!
安産型という言葉は医学用語ではないものの、医師の間でも普通に使われていて、つまりはお尻の大きな体型を指しています。

お尻が大きいということは骨盤が大きい可能性があり、そうした体型の女性が安産であるケースが多いことを、経験則的に言い表した言葉と考えられるそうです。

安産と難産に分かれる要因は、大まかに3つあるそうです。
赤ちゃんの通り道である産道、胎児そのものの大きさ、そして母体が赤ちゃんを産み出そうとする娩出力…

安産もしくは難産を規定するのは、ざっとこの3要素のバランスと言っていいでしょう。
安産型の女性は、このうちの産道が大きい可能性があるわけですから、それだけ安産の可能性が高くなるはずです。

なお、欧米で主流の無痛分娩は、娩出力を低下させる弊害があるといいます。
それでもそのデメリットが表面化しないのは、そもそも体格が大きい欧米人は産道も広く、難産になりにくいためではないかと推測されています。
つまり、安産型の体型であることはお産に有利であり、女性としては誇っていいことだと言えます。

とはいえ安産型という言葉は、女性の体型を揶揄する意図にとらえられかねません。
オフィスで用いる際はくれぐれもご注意を!

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る