ほくろは癌化する…?!その確率ってどれくらいか知ってた?
78 ❤

あなたは自分の体にある「ほくろ」をどう思っていますか?
場所によっても気に入っているほくろもあれば、多過ぎてコンプレックスになっている人もいるのではないでしょうか。

しかし、ほくろには外見的な問題以外に怖い噂を聞いたことがありませんか?
それは、ほくろは癌化する、ということです。

これが事実であれば恐ろしいですし、今すぐにでもどうにかしたい、と焦ってしまいます…




Sponsored Links


ほくろが癌化するって本当なの?その確率は?


位置や形によって、チャームポイントになることもあれば、コンプレックスになったりもする「ほくろ」…
皆さんも自分のほくろについて、いろいろ思うところがあるのではないでしょうか。

ほくろがメラニン色素によって形成されているのは有名だが、”癌の元になる”という、穏やかではない噂も昔から耳にします。
もしそれが事実なら、即刻取り除いてしまいたいところですが…

実はほくろとは、皮膚の下にあるほくろ細胞がメラニン色素を作り出すことによって現れる、良性の腫瘍です。
これが刺激を受けることによって、悪性黒色腫という悪い腫瘍(つまり癌)に変わることは、現実にあり得ます。
よく足の裏のほくろは良くないと言われるのは、常に踏みつけられて刺激を受けやすい部位だからなんです。

刺激を受けやすいという点では、ブラシがあたる頭、カミソリがあたる顎、あるいは女性であればブラジャーのこすれる脇の部分にあるほくろなどは、足裏と同様のリスクがあるといいます。

ほくろの癌は悪性度が高く、発見時には手遅れになってしまいがちなので、とくに欧米などでは早めに手術して取り除いてしまう人が多いようです。
予兆としては、ほくろが急激に大きくなっていたり、形がいびつであったり、かゆみや痛み、出血が認められるケースなどが挙げられます。
そうした異変が確認できたら、良くない細胞が生まれてきたサインかもしれません。

うーん、これは心配ですね。
ほくろは思った以上にリスキーなもののようです。

でも実際には、普通のほくろが癌に変わる確率は何十万分の一と言われています。
可能性で言えばほぼ0に近いので、まず心配はありません。
よほど大きさや形が気になるのであれば、美容的な意味から取ってしまう選択肢もあるでしょう。

大切なのは、ほくろが発するサインを見逃さないことです。
少しでも異変を感じたら、まずは専門医に相談してみましょう。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る