男が更年期障害になる年齢とは?…早めに対策すべき更年期障害の実体
243 ❤

皆さんはこんなことありませんか?
大人になると、何かの拍子に親の「老い」に気づき、「親孝行しなければなあ~」と痛感させられる機会が少なくなってきたなんてことが。
実家を離れて暮らしているビジネスマンであれば、なおさらであるはずです。

ただ、忙しさにかまけて親の顔を見る機会が年々減ってしまい、数年ぶりに母親と対面した…
なんて人も少なくないえしょう。

そんなとき母親が、やれ「めまいがする」、「体がほてる」と更年期の症状を口にするのを聞くと、もっとねぎらってやらねばと反省してしまいます。
ところで、一般的に更年期障害は女性特有の症状と言われていましたが、実際のところどうなのでしょうか…
つまり男性にも更年期障害は起こり得るのでしょうか?




Sponsored Links
 

結論から言えば、男性にも更年期障害はあります。
更年期障害は加齢に伴う性ホルモン分泌の低下が引き起こすものですが、これは身体的な衰えとして誰しも避けられません。

症状や発症の時期には個人差があるが、男性の場合、具体的には気力や性欲の減退にもつながり、暮らしのクオリティを低下させてしまうといいます。
女性の場合は閉経の影響でわかりやすい変化がありますが、男性の場合はなかなか更年期ゆえの変化を実感しにくい面があるのです。

50代前後の男性が、なんとなく元気が出ない、性欲が湧かないといった不調を感じたら、更年期障害を疑ってみても良いのです。
欧米の男性更年期障害のビジネスマンの間では、気力を充てんして仕事に臨むために、ホルモンを注射で補う治療が今や普通に行われています。

なんだ50代になってからか…
まだ若いし心配ないな…
と思っているようではいけません。

若いうちに不規則な生活を送っていたり、栄養バランスが悪かったりすることが、こうした症状を後押しするのは間違いないと言われているからです。
今から適切な食事と適度な運動を習慣づけておくことで、やがて来る更年期障害を緩和、あるいは発症を遅らせることは可能なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る