薄毛の原因は「帽子の蒸れ」…それとも「隔世遺伝」なの?
202 ❤

「あれちょっと薄くなった?!」…
そう心配になった男性はたくさんいるでしょう。
むしろ男性ならば、必ず気になったことがあるはずです。

さて、この薄毛の原因…
よく帽子の蒸れとか隔世遺伝などと言われていますが、果たしてそれは本当のことなのでしょうか?




Sponsored Links


薄毛の原因は帽子の蒸れなの?



最近はファッションとしてハットやキャップを着用する人が増えてきました。
少年時代に愛用していた野球帽とはまた意味合いの異なる、大人のお洒落ツールです。

ところで帽子といえば、昔から「帽子をかぶり続けているとハゲる」などと、まことしやかに噂されていたものですね。
もしこれが事実なら、そろそろ頭髪の行方が気になる年齢でもあり、帽子の利用を控えなければならないのでは?…
と感じてしまうこともあるでしょう。

そもそも帽子をかぶるとハゲる…
これは医学的に証明されていることなのでしょうか?

実は「全くもって事実ではない」のです。
よく、帽子をかぶることで頭が締め付けられたり、蒸れたりするため頭髪に良くないと言われますが、帽子程度の負荷で頭皮に異常をきたすことは、まずあり得ません。

むしろ、頭皮に悪影響を与える紫外線を防ぐため、長時間の外出時には帽子を推奨されているほど…
もし、帽子をかぶるとハゲるのならば、野球選手のほとんどは薄毛でなければ理屈が合わないことにもなります。

そもそも薄毛対策を講じるなら、髪の毛よりも頭皮のケアを考えるべきなのです。
もともと紫外線は皮膚にとって大敵とされていますが、それは頭皮も同様です。

荒れた大地(頭皮)では作物が育たないように、頭皮の傷みは毛髪にも影響するのです。
頭を洗う(洗髪)という行為は、大まかに「髪の毛を洗う」ことと、「頭皮を洗う」ことに分け、薄毛予防のためには、頭皮の洗浄に重点を置くことが重要なのです。

頭皮を健康に保つことが、髪の毛の健康につながる…
実は帽子もまた、薄毛を予防する重要なアイテムだったりしたのです。




Sponsored Links


薄毛の原因は隔世遺伝なの?



男性にとって頭髪の悩みは付き物…
やはり「長い」という字と「友」という字で構成されているように、できるかぎり髪の毛とは長く付き合っていきたいものです。

しかし、将来的にハゲるかどうかは、神のみぞ知ること…
いいえ「ハゲや薄毛は隔世遺伝」とよく聞くため、おじいちゃんの頭髪事情を踏まえれば、自ずと自分の将来像が見えてくる…
そんな風に考えている人も多いはずです。

しかし実のところハゲや薄毛は遺伝性はあるかもしれませんが、定義的に隔世遺伝には該当しないと言われているのです。
いわゆる男性型脱毛症(AGA)はまだ研究途上の分野であるため、未解明の要素も少なくないそうですが、実際にAGAを診断する現場では、家族の頭髪状態も問診することが多いそうで、遺伝は決して無視できない要素だと言います。

環境的な要因などもあるでしょうし、AGA発症の原因をひとつに特定することは困難ですが、ひとつには男性ホルモン受容体遺伝子という遺伝子の変異がAGAの発症に関連していると言われているからです。

この男性ホルモン受容体遺伝子はX染色体上に存在するとされ、当然、祖父からだけでなく、父親から直接遺伝することだって十分にあり得ます。
つまり、ハゲや薄毛が隔世遺伝するもの…
と決めつけることはできないのです。

ここで見逃せないのは、AGAがあくまでも男性の疾患である点です。
つまり、もし母方の祖父から遺伝した場合、お母さんはAGAを発症しませんから、あたかも一代飛ばして自分に遺伝したように勘違いすることもあるかもしれません。

もっともハゲや薄毛は環境や栄養状態なども大きく作用するはず…
抗うことのできない遺伝的要因はさておき、頭髪·頭皮の健康維持に努めておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る