パチンコがやめられない理由は「間歇強化の法則」が原因?!
51 ❤

皆さんもこんな経験が一度や二度はあるのではないでしょうか。
給料日まで所持金はたったの3000円…

人は時々、どう考えても生活を切りつめなくてはやっていけないような状況に陥ることがあります。
そんなときは、とにかくお金を使わずに、給料日までおとなしくやり過ごすしかない…

しかし、お金に困っている時に限って、なぜか足を向けたくなる芭蕉があります。
それこそ毎晩11時近くまでオープンしているパチンコ店です。

この3000円が倍になれば、いや、一度大当たりすれば3~4万円くらいになるかも…
とワラにもすがる思いで台の前に座ってしまい、軍資金どころかなけなしの生活費までスッカラカンにしてしまうのです。

しかし、それでもパチンコで儲けようと考える人は、たいがい数万円単位の勝ちを過去に一、二度経験していることが多いのです。
確かに、最近のパチンコは大当たりすれば3~4万円程度の勝ちが見込めるのですが、その当たりを出すまでには相当の軍資金をつぎ込まなければならない野も事実…

そのことを知っていながらも、ときには1000円で当たるというラッキーに恵まれたりすることもあるので、それほど軍資金を投入しなくても当たるのではないか?…
と考えてしまうのです。
このように考えるのは、明らかに勝つことに対して過大に期待をしているという心理を読みとれます。

これを説明するのに、チンパンジーを使ったこんな実験結果もあるのです。
2匹のチンパンジーにレバーを引くと餌が出るという装置を用意するのですが、片方の装置はレバーを引くたびに餌が出て、もう一方はレバーを引いてもときどきしか餌が出てこない仕組みになっています。

これをそれぞれのチンパンジーに与え、しばらくして装置の使い方を覚えたころに、今度はレバーを引いても餌が出ないようにしました。
すると、常に餌が出ていた装置を使っていたチンパンジーは、諦めたのかそのうちにレバーを引かなくなるに対し、たまにしか餌が出なかった装置を使っていたチンパンジーは執拗にいつまでもレバーを引き続けたのです。

これは、たまに与えられる餌につられた行動で、人間もたまに与えられるギャンブルの報酬に快感を覚えて、やめられなくなってしまうというものなのです。
これを専門的には「間歇強化(かんけつきょうか)の法則」といいます。

つまりチンパンジーと同様に、私たち人間の中にも「ひょっとすると…」という期待があり、ついついその誘惑に勝てなくなってしまうということなのです。
もちろん、たまのチャンスに対して期待を膨らませること自体はけっして悪いことではないのですが、思い通りにならないとその分だけ落ち込みは大きいことを忘れないようにしたいものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る