エレベーターで「閉まるボタン」を押す・連打する人の心理
61 ❤

職場が高層階にあるため、毎日のように「エレベーター」を使っている…
というビジネスマンも多いかと思います。

さて、このエレベーター…
に乗ったときは普通、利用階に続けて「閉まる」ボタンを押すのが一般的ですよね。
むしろ、押さないと「何で押さないの?」という空気さえ漂うことがあったりもします。

しかし、欧米人は利用階を押すだけで、よほど急いでいない限り自動的に閉まるのを待つそうです。
どうやら日本人は、世界の中ではせっかちの部類に入るようですね。

この「閉まる」を押しても早まる時間はせいぜい1~2秒なのに押さずにはいられない…
そんな性格を持つ人の行動パターンを「タイプA」と名づけた医師がいます。

米国のマイヤー・フリードマンとレイ・ローゼンマンです。
「タイプA」とは、彼らが性格と心疾患の関連性に着目し、調査する際に分けたタイプの一つなのです。

「タイプA」の特徴は、競争心が旺盛で、野心的で負けず嫌い…
一度にたくさんの用事をこなそうとし、時間に追われ、早口で早食いなどと分析されています。

これは、まさに日本人ビジネスマンに多い姿ではないでしょうか…
戦後の高度経済成長期に「アメリカに追いつけ追い越せ」とばかりに突き進んできた企業戦士たちの名残ともいえるでしょう。
エレベーターで「閉まる」を押してしまう習慣も、ひょっとしたらそのころに身についてしまったものなのかもしれません。

そこには、放っておいても自動的に閉まるけれど、ボタンを押してすぐに閉まるなら、押した方がいいじゃないか?…
という考え方が生まれたのでしょう。
もっといえば、すぐに目に見える効果や成果が欲しいと思ってしまう傾向が強いとも言えるかもしれませんね。

どちらにしても、エレベーターで「閉まる」を押してしまう人は、やはりイライラしがちな性格であることを自覚しておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る