実は宇宙空間という所は「無重力」ではないらしい件…
19 ❤

最近は国際宇宙ステーションの開発も進み、現地からの中継映像を目にする機会が増えました。
それを見ると、宇宙飛行士たちが無重力状態で浮いていることがわかります。

だが実は、国際宇宙ステーション内は無重力ではないのです。
月よりもはるかに近い高度400㎞に位置するステーション内部には、地上の88%程度の重力がはたらいているからです。

ではなぜ、宇宙飛行士たちは無重力状態で浮いていられるのでしょうか?…
地上で水平にボールを投げると、重力がはたらいて地上に落下します。

速度を上げると、ボールの落下は緩やかになり、より遠くまで飛んでいくかと思います。
では、さらに速度を上げて、落下と同じ速さで投げるとどうなるのでしょうか?

1メートル落ちた時には同じく1メートル前に飛び、落下した分と同じだけ前進するのです。
すると、地球の表面が丸いため、ボールと地表の距離は変わらず、空気抵抗などを考慮しなければ、永遠に「落ちながら飛び続ける」状態になるのだ。

この原理を応用したのが、国際宇宙ステーションなのです。
秒速7.7㎞の高速度で水平に移動し、約90分で地球の周りを1周すように作られています。
つまり、国際宇宙ステーションとその中の宇宙飛行士は、重力に引かれて落ちながら飛び続けることで、無重力状態を作り出しているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る