彼女が「乳がん」だったら結婚する?…男が取るべき行動と本音
2490 ❤

最近芸能界でも多く見られる女性の病気に「乳がん」があります。
実は男性もなる可能性があるのですが、ほとんどの場合は女性の病気だと考えて良いでしょう。

ですので男性からすると、あまり気にならない病気…
と思いがちですが、もし自分の彼女が「乳がん」だと診断されれば、他人事ではありません。
ひょっとすると自分がガン宣告されるよりも動揺してしまうかもしれません。

そこで彼女がもし「乳がん」だと診断されたら…
将来の結婚も見据えて、そんな時に男が取るべき行動に関して考えてみました。


彼女が乳がんになったら結婚する?


1815
結婚前提に付き合っていた女性が乳がんになってしまったらどうしますか、と聞かれたらそれでも迷わず結婚すると言いきれることができる人はどれくらいいるものなのでしょうか。
気持ちが盛り上がっているときは、病気よりも愛のチカラのほうが強いと思うものですが、現実は厳しいものです。

完治が難しい場合は、辛い別れが待っているかもしれません。
また、がんの治療は厳しいものなので、愛する人が治療で苦しむ姿を見るのも辛いものです。

そして、治療には高い費用がかかる場合が多く、入院や治療の付添いなどで時間がとられることもあります。
子どもを望んでいても子どもを産むことができないかもしれません。

一時的な気持ちだけで決めるのではなく、将来のことを考えて辛いことや厳しいことも多々あるということを理解したうえでそれでも気持ちが変わらないということであれば一歩を踏み出してみても良いのではないでしょうか。




Sponsored Links


彼女が乳がんになったときの対応その1「甘やかせてあげる」


1725
彼女から乳がんになったと聞いたとき、どのような対応をすれば良いのでしょうか。
病気を患って一番不安になっているのはがんを患った本人です。

これから自分の体に起こることを考えると不安で眠ることができない日が続くかもしれません。
そこで、不安になっている相手を甘やかせてあげるということが重要です。

気持ちが安らぐように一緒にるときは多少のわがままは聞き、気持ちが楽になるように甘やかせてあげましょう。
相手が普段は弱音を見せないタイプの人であれば、病気にかかっても周りの人には気丈に振る舞うかもしれません。

また、気丈にしておかなければ病気の重圧に耐えることができないということがあるかもしれません。
そんなときに唯一甘えることができる相手になってあげることが大切です。
大切な人の心のオアシスになりましょう。




Sponsored Links


彼女が乳がんになったときの対応その2「どんと構える」


2005
どんなに強い男性でも彼女が病気になってしまったということを聞くと動揺してしまうものです。
多少のことでは動じない人でも激しく心が揺さぶられることでしょう。

しかし、そんな姿を相手に見せると相手も不安になってしまいます。
心の中ではどうしようかと動揺していても、そのような態度は見せず、相手の前ではどんと構えておきましょう。

相手を励まし、頼りがいがあるところを見せると勇気づけることができます。
一人でいるときは、激しく動揺して泣くことがあってもいいかもしれません。

相手といるときは、自分と一緒にいれば大丈夫というくらいどんと構えて相手を支えてあげましょう。
思うは簡単でも実際に行動に移すことは難しいかもしれません。

相手を思う気持ちが強ければ難しいことがではありません。
頼もしい男になって相手をしっかり支えましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る