これから3年間で1000万貯められる人と貯められない人の違いとは?
374 ❤

お金をしっかりと貯金している人…
全くお金を貯めることができない人…
あなたの周りにもいると思います。

ひょっとすると、あなたがこのどちらかなのかもしれませんね。
しかし、その違いはどこにあるのでしょうか?

そこで、これからの3年間で1000万貯められる人と貯められない人の決定的な違いとは?…
この点について考えてみました。




Sponsored Links


これから3年間で1000万貯められる人の特徴


2406
これから3年間で1000万貯められる人の特徴というのは、ちゃんとお金の計算が出来る人といえるでしょう。
収入が多い人が1000万円貯められるということではありません。

多くの収入があっても、それを超える支出があれば借金が増えるだけのことです。
収入が多いということは1000万円貯蓄の可能性を高くはしますが、そのことだけで1000万円貯蓄が出来るわけではありません。

特に現代は情報化社会というものが進化していて、いろいろと支出が多くなっています。
さまざまな誘惑がある中で1000万円貯蓄をするということはそうとうな覚悟と、お金の計算力というものが問われることとなっているといえます。

例えば仕事帰りに一杯するということもあります。
こんなことでも支出を考えれば大きな支出となります。
特に収入がそれほど多くない人にとっては大きな支出です。
ですが、まわりから飲みに行こうと誘われればなかなかそれを断ることは出来ません。

そんなことをしていては、三年間で1000万円を貯めることは至難の業となるのです。
しかし、お金の計算が出来る人、1000万円貯蓄という明確な目標がある人はこれを断ることが出来ます。
毎月コツコツと貯金をしていくことが大切ということが分かっている人だけが1000万円を貯金することが出来るといえます。




Sponsored Links


これから3年間で1000万貯められない人の特徴


2402
これから3年間で1000万貯められない人の特徴というのは、この貯金を考えていない人、つまりお金の計算をしていない人です。
これはよくあることです。特に一般の収入が少ない人もこう考えている人が多いのです。

3年間で1000万の貯金とという一年で333万円、1か月で約30万円近い貯金をする必要があります。
これはかなりの厳しい金額といってもいいでしょう。

これを最初からあきらめてしまっていると当然無理ですし、ある程度の収入がある人も諦めてお金の収支のことを考えないでその場で使ってしまうので、結局このようなことは出来なくなります。
今は収入が少ない人でも、副収入を得る方法はいくらでもあり、それはいつでも誰でも出来るものです。

そうした情報はネットで毎日のようにやりとりされていて、だれでも出来る仕事というものがあふれるようにあります。
そうした仕事をすることで、収入を増やすということも可能ですが、諦めている人にとっては、こうしたこともしません。
ですから、収入も増えないわけです。

今は情報化社会ということで、お金を使う魅力的なものはいくらでもあります。
おいしい食事や魅力的な観光地や遊園地などお金の使い道はいくらでもあります。
そして、そうした方向に目を向けているとずっとお金は貯まりません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る