サラリーマンのちっちゃい夢!不動産投資で不労所得を得るためのスタートライン
725 ❤

サラリーマンの究極の夢と言えば働かずに所得を得ること…
つまり「不労所得」です。

毎日、同じ時間に会社に行き仕事をし、時には上司に叱られる…
それが日常になるとうんざりしてきます。

何もせずに家賃収入だけで生活ができればどんなに良いことか…
と誰もが一度は不動産投資に憧れたことがあるはずです。


そもそも「不労所得」にはどんな種類があるの?


104
不労所得の意味はご存知の方も多いかと思いますが、ここでおさらいをしておくと「働かずに得られる収入(収入源)」の事を指します。
「働かざる者食うべからず」という昔からの慣用句を真っ向から否定するような、まさに夢のような収入(収入源)の事なのです。

ただ単に「不労所得」と言えども、その種類は様々あります。
一般的なのは「不動産投資」や「ネットビジネス」などでしょうか。
これらの中でも細かくビジネスが分かれてくるのですが、一度運用できるまでのフローに乗せてしまえば、家賃収入や広告収入といった形で不労所得を得る事も可能です。

その他にも何かしらのシステム利用料や本や音楽などを販売した時の印税、ネットワークビジネス、役員報酬なども、不労所得にあたる事があります。

こうやって見ると、どのビジネススキームも最初にある程度の資金やノウハウ、継続的な努力があって、初めて何もしないで収入が入って来るようになる不労所得ビジネスに変化しているのだと分かります。




Sponsored Links


30代のサラリーマンが不労所得を得るには?


103
30代といえば、会社では中堅どころです。
ひょっとすると何人か部下のいる管理職になっている人もいるかもしれません。

この中間管理職というのは一番ストレスが溜まる職位です。
上司と部下の板挟みで気の休まる暇もありません。
不労所得の夢を抱くくらい許されるでしょう。

しかし、いくら不労所得が良いと言っても、いきなり何の元手も無しに不動産投資を始めるのは無謀かも知れません。
もちろんある程度の資金があるならば別です。

けれども大半はローンに頼るとしても、自己資金ゼロで不動産投資は難しいのが現実です。
できれば2~3割は欲しいところです。
目安としては1500万円のワンルームを投資対象にするなら、300~500万円程度準備するのが望ましいでしょう。

いきなり不動産投資はちょっと…
という人には実際に会社勤めをしながら、副業という形で進められる不労所得ビジネスが良いでしょう。

たとえばインターネットビジネスでアフィリエイトなどの広告収入を得るビジネスを始めたり、せどりなどもサラリーマンには人気の副業です。
また不動産とはいかないまでも、株やFX、最近では仮想通貨など、様々な投資先があり、この辺りを良く研究して不労所得ビジネスの軍資金作りにしても良いかも知れません。

まずはなるべくお金をかけずに、また自分の作業ができる時間や能力など考えて、将来的に不労所得となるビジネスを探してみると良いでしょう。




Sponsored Links


まとめ


106
不労所得ビジネスは成功かどうかは何年か経ってみなければわかりません。
しかし、続けていれば、少なくとも老後には同僚たちに差をつけることができるでしょう。
年金収入に加えて何かしらの収入があれば、同僚たちが発泡酒で我慢している中、毎日ビールを飲めるくらいの贅沢はできます。

また不労所得を得るための軍資金作りも大切です。
将来のためと思えば、多少の節約生活もそれほど苦にはならないでしょうし、資金が準備できたら次は不動産などの投資の知識を深めることです。

どんなビジネスでも利益が出せるわけではありませんので、市場の動向や長期的な需要を見越した物件選びをすることが不可欠です。
ここまでくれば、不動産投資で不労所得を得る準備は整いました。
後は夢を現実にするため、一歩踏み出すだけです。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る