30代独身男性の平均的な貯金ってどんなもん?0(ゼロ)はヤバいよね…?
6898 ❤

男は30代になると一つの大きな分かれ目がやってきます。
同窓会などで同じ高校や大学を卒業した同級生が集まると、その違いを見て取る事ができるでしょう。

30代で貯金が1,000万円ある人がいる一方で、貯金が1円もない…
まさに0(ゼロ)の人もいるのではないでしょうか。

果たしてこの違いはどこにあるのか?…
また30代の独身男性の平均的な貯金額は一体どれくらいなのでしょうか?


30代男性の平均的な貯金額


100
平成26年に行われた家計の金融行動に関する世論調査のよると、2人以上世帯貯金平均額は30代で600万円、また最も割合が多かった中央値は450万円となっています。
一方で独身世帯に貯金額はというと、30代の男性で概ね300万円を超える程度だと言われています。
もちろん夫婦共働きの場合は働き口が2倍になるので、2人以上世帯の方が貯金額が多くなるのは当然です。
しかし、2人以上世帯が共働きでない場合や、子ども・両親と同居している可能性もあるので、一概に収入が多いとも言い切れません。
どちらかと言えば、家庭を持った30代男性の方が貯蓄率が高いように感じます。




Sponsored Links


独身男性が貯金が0(ゼロ)の理由


101
大学を卒業し社会人になって30代を迎える方は、ようやく出世や役職手当など仕事もほぼ安定してきたと感じる人も多いかと思います。
また、この頃になると同級生もどんどんと結婚して家庭を持っているという人も少なくありません。

独身男性は稼いだ分は自分の好きなように使える反面、ほとんどの人がしっかりとお金の管理をしていない事が多く、20代から30代にかけては好きな物を好きなだけ使えるという点が魅力ですが、一方で30代になってもずっと貯金が0(ゼロ)のままという人も少なくありません。
この理由は入って来た収入が全て自分のために使えるから…
もっと言えば、自分で稼いだ金を誰にも文句を言われずに使う事ができるからでしょう。

そのため余程、将来の事を考えていたり貯蓄計画などを立てていないと、独身男性の場合はあっという間に無くなってしまう事が多いのです。


既婚男性の方が貯金できる理由


99
普通に考えれば、独身の方が家庭を持っていないために家賃も抑えられ、家族の生活費や子供などの養育費もないため、たくさん貯金ができそうな気がします。
しかし実際には、既婚者男性の方がしっかりと貯金ができている事が多いのです。

その一番の理由は奥さんでしょう。
奥さんの管理下でしっかりと貯金をしている人は非常に多く、結果的に独身男性のような浪費をしなくても済む傾向にあります。

女性の方がお金の管理にはしっかりしているという傾向もあり、男性は月に3~5万円のお小遣い制で、残りは生活費や養育費、また貯金に充てられる事になります。
そのような生活を続けていると、いつの間にか貯金が貯まってしまうのでしょう。




Sponsored Links


まとめ


97
30代ともなると同僚や後輩との飲み会で散財してしまう事や、謝恩会の二次会の席を積極的に設けて自腹を切る事もあるでしょう。
そうなるといくらお金に余裕のある独身男性であっても、貯金を中々貯める事ができません。

もし、今独身であったとしても将来的に結婚を望むのであれば、結婚資金として300万円が理想的と言われています。
また子供が生まれると養育費は結婚式の比ではありません。

そのため貯金がある・ないに関わらず、今からでも毎月コツコツと貯金をするようにしましょう。
例えば毎月の給与を定期預金にして直ぐに引き出せないようにしたり、クレジットカードはなるべく使わないように自分の浪費をロックするのも良いでしょう。
また毎月の出費をもう一度見直して減らしていったり、ボーナスなどを活かして大きな金額を貯金していくという手もあります。

世間には20代からコツコツと貯金を始めて30代で1000万円を貯め込んでいるような人も少なくはありません。
要は貯金をしようという意識なのです。

それは今30代で貯金が全くない人であっても実行できる事です。
また貯金が貯まっていくと楽しみを覚える事もあり、さらに貯金を貯めていこうという意識にもつながります。

デキるビジネスマンであれば、30代で500万円から1000万円の貯金は作っておきたいものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る