サラリーマンに生命保険は必要?入っておいたほうがいい生命保険の決め方
492 ❤

サラリーマンになれば「保険の1つ2つは入ろうかな?」…
と考えている人も少なくないでしょう。
また一方で「保険なんて必要あるの?」、「まだ早くない?」」、「お金の無駄じゃないの?」などと考えている人もいるかと思います。

ではでは、本当に保険は必要ないのか?、そしてどんな風にして保険を決めれば良いのか?…
この辺りの事を一緒に考えてみましょう。




Sponsored Links


保険の必要性


129
もちろん、もしあなたが貯蓄がふんだんにあり、死亡しても遺族が困らない…
と言うのであれば、保険は必要ありません…
なぜなら、たとえケガや病気の後遺症が酷くて働けない状態になった時も、そんな風に充分な貯蓄があったり、不動産収入など不労所得があれば毎月の収入を保障してくれる保険が必要ないからです。

言い換えれば、そんな「もしもの時」が発生した際に十分なお金がないという方は保険が必要なタイプの人です。
当然、ケガや病気は自分自身だけの問題ではありません。
もし家族がいれば家族に負担がかかってしまいますし、自分自身の将来や家族の未来を見越した上で、本当に保険が必要ないかどうか…
しっかりと見つめ直す事が大切なのです。
この辺りの事は、お近くのほけんの窓口や保険の営業マンの方に聞くのが一番早いかと思います。
彼らも仕事ですので、自分たちの会社(代理店)の保険を勧めて来るでしょうが、何人か違う会社の人に話を聞いて、一番自分と自分の家族に合った保険を選ぶようにしましょう。




Sponsored Links


保険の決め方


128
保険の決め方は、その道の専門家に聞くのが一番ですが、その前に今の自分自身や家族の状況をしっかりと確認しておきましょう。
それが本当に保険を用意しなければ解決できない出来事なのか、貯蓄や自分自身の注意や努力で回避出来る事なのかを考えて判断するのです。

サラリーマンなら、病気で休んでも会社の健康保険がありますし、就業中のケガなら労災保険で自己負担なしで治療が受けられます。
長期間のケガや病気で休まざる負えなくなった時には傷病手当金もあり、経済的な救済処置が用意されています。

自営業者なら病気や怪我が直ぐに経営や家計にマイナスをもたらしますが、サラリーマンは会社に守られています。
そう考えると手厚い医療保険に加入するのではなく、お守り程度の必要最低限の保障でよいかもしれないと判断出来ます。
生命保険の営業マンに言われるがまま加入するのではなく、「保険を用意しなければ解決できないものは何か?」を基準に商品を選ぶのがよりよい決め方です。

生命保険も貯蓄性があり資産運用になるものと、少ない掛け金で高額な死亡保険金を支払ってもらえる掛け捨てタイプの保険があります。
サラリーマンは厚生年金に加入しているので国民年金よりは恵まれていますが、老後が心配な場合は、若いうちに終身タイプの生命保険に加入して貯蓄感覚で積み立てていくのもひとつの方法です。

生命保険は健康状態によって加入制限がつき、また年齢によって保険料が上がるので、貯蓄性がある保険は持病のない若いうちに加入した方が有利になります。独身のうちに無理のない範囲で少額の終身保険に加入しておけば一生の財産になります。

既婚者で子供がいるサラリーマンの保険の決め方は、自分の死亡した後の、残された家族の生活費や子供の教育資金などを考えて保険を決めなければなりません。
保険料負担の少ない掛け捨ての定期死亡保険にして、一定期間だけ死亡保障の上乗せをするのも方法です。


まとめ


今の自分や家族の状況をしっかりと理解した上で、「保険を用意しなければ解決できないものは何か?」を考え、専門家のアドバイスを受けて判断する事が一番大切なのです。
デキるビジネスマン・サラリーマンであれば、この辺りの将来の算段を今のうちにしっかりとやっておきたいものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る