贅沢は敵ですよね…お金がないサラリーマンのランチ事情
1210 ❤

お金がないサラリーマンにとって、日々の生活で節約できるものの一つに「お昼のランチ代」をあげる人も多いかと思います。
例えば、昼休みのランチを毎日1,000円ずつかかる外食ばかりにすると、20日分では20,000円にもなってしまいます。
一方でこのランチをお弁当や安いランチで済ませると10,000円ほど浮く可能性もあります。




Sponsored Links


安いランチで抑えるサラリーマンのランチ事情


125
毎月の小遣いから昼食代も工面しなくてはならないサラリーマンの場合は、小遣いの多くが昼食代に消えてしまうこともあります。
お金がないサラリーマンにとっては小遣い確保のためにランチ代を節約するという人も少なくありません。

そのため外食の場合は、一杯300円前後の牛丼で済ませたり、ワンコインランチをやっているお店を利用する人もいます。
ほかにも、コンビニでサンドイッチやおにぎりを購入して、200円~300円前後に抑えるという人もいます。

またコンビニでは100円でおいしいセルフコーヒーも飲むことができるため、昼休みに利用するという人もよく見かけます。
昼食後に毎日喫茶店で一杯400円のコーヒーを飲むことは、お金がないサラリーマンにとってはかなり贅沢と言えます。

サラリーマンが良く使うワンコイン店
吉野家、ケンタッキー、日高屋、マクドナルド、富士そば、はなまるうどん、松家、ロッテリア、丸亀製麺、かつや、ガスト、なか卯、ミスタードーナツ、天や、なか卯、サイゼリアなど




Sponsored Links


お弁当で抑えるサラリーマンのランチ事情


126
ランチ代を節約できる最も効果的な方法と言えば、自宅で作った「お弁当」を毎日持って出掛けることです。
自分でお弁当を作って持参したり、家族に前の晩の余りなどを活用してお弁当を作ってもらうことで大幅に節約することができます。

またお弁当を作るコストは、スーパーなどで安く手に入る食材を調理することで低く抑えることもでき、たとえ調理するのが面倒だったり料理が苦手という人でも、調理済みのおかずが冷凍食品として売られているので安心です。

特売品やタイムセールなどで安く買える惣菜などもあるため、工夫次第で美味しいお弁当を安く作ることも可能です。
お弁当を毎日持参することで、前の日の夕食の残りを活用できたり、コストを安く抑えることができるためお財布にも優しいです。

最近では保冷剤を入れたり保温ができるランチボックスもあるため、昼休みまでお弁当を美味しく保たせることも可能で、独身男性であってもお弁当を自分で作って職場で食べているという人も少なくはありません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る