「お金がある人」と「お金がない人」の生活はこんなにも違う?!
2697 ❤

あなたは「お金がある人」と「お金がない人」どちらですか?

今回は「お金がある人」と「お金がない人」の生活はこんなにも違う?!というお話です。
特にお金がある人の特徴について学んでおきましょう。


お金がある人の特徴その1


409
お金がある人とない人を比べた場合、お金がある人はない人よりも稼いでいると思われがちですが、必ずしもそうではないことがあります。
お金持ちがなぜお金持ちになるのかというと、やはり一番大きな理由は「余分なお金を使わないから」であると言えます。

ここで余分なとあるのは、お金持ちはお金を使うときと使わないときをしっかり区別しているからです。
例えば20万円の高額なバーに行くときに、値切って15万円に交渉した上で、5万円分をチップとして渡すというように、同じ額のお金を使うときでもより効果的な使い方をするのがお金がある人の特徴です。

闇雲に値切ったりするのではなく、支払うお金に意味を持たせる、支払った分のお金に見合う価値が得られるようにお金の配分を行うといったように、お金に対するマネジメント力が優れている人に、お金が集まってくる傾向にあるようです。
ひとことで言うと、お金にメリハリを持たせる人はお金が自然と集まってくるようです。




Sponsored Links


お金がある人の特徴その2


411
お金がある人は、心に余裕があると言います。
お金がある人とない人で挨拶などをご近所さんにできるかという視点で比較してみると、お金持ちの方が丁寧に挨拶を返してくれるということです。

もちろんお金がない人でもきちんと挨拶を返してくれる人はいますが、傾向としてはお金持ちの方が礼儀正しいといえるでしょう。
お金持ちは普段の生活に追われない分、自然とおおらかな気持ちになれるからなのかもしれません。

気持ちに余裕があるといっても、お金がない人にありがちな、気分が大きくなって浪費してしまうということはありません。
あくまでお金のかからない挨拶のようなことを疎かにしないだけで、寄付をお願いしてもどんどん応じてくれるというわけではありません。

お金持ちの特徴としては、心に余裕があって、財布にも余裕はあるけれども財布を不用意に緩めない、という特徴があります。
試着をする際も、ありがとうといった一声はかけてくれますが、必ず購入するわけではない、こういった線引きがお金がある人の特徴と言えます。




Sponsored Links


お金がある人とない人の違い


407
お金がある人とない人の違いで最も大きな相違点は、やはりお金に対する意識の違いです。
お金持ちはお金を大事にします。

お金を労わり、お金が集まりやすいように配慮し、お金が逃げ出さないように普段から気を配っています。
高収入の人が預金が沢山あると一概に言えず、低収入でもお金を大事にしている人はしっかり貯金をして、お金持ちの仲間入りをしています。

逆に、お金がない人は、バーゲンだからなんとなく衝動買いしてしまったり、特売に目がなかったりします。
ここで本当に必要なものしか買わないのであればいいのですが、実際はあれもこれもと買い込んでしまうことが多いです。

1回でいくらのお金を使うかを最初にイメージしていないために、お得に見える商品を、自分にとって本当に必要か深く考えずに購入してしまうことが多いのです。

こういったことを繰り返していると、お金がどんどん離れていってしまいます。
収入が多くてもお金が貯まらないという人は、このお金の使い方を間違えていることもあるのです。

エッジの効いたビジネスマンであれば、もちろんお金ある人になりたいものです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る