30代で年収1000万円の割合はどのくらい?その生活水準に驚愕!?
2326 ❤

「30代で年収1000万円!」…
これはビジネスマンの大きな夢だという人もいるでしょう。

一方で「今の会社に勤め続けても30代で年収1000万円はもらえない」…
と嘆いてしまう人もいるかも知れません。

ただ、そうは言ってもこの世の中には確かに30代で年収1000万円の人もたくさんおり、彼らは彼らなりの生活を送っているのです。
そこでデキるビジネスマンなら目標にしたい…
30代で年収1000万円の割合とその生活水準をイメージしておきましょう。


30代で年収1000万円の割合


1090
年収1000万円というと、かなり収入がありとてもモテるように思うかもしれません。
たしかに30代で年収が高いとなると、かなり収入もいいほうです。

ただ、このような人はどのくらいの割合かというと、かなり少ないのが現状です。
実はそのパーセントは、なんと1%。100人の30代がいたら、1人いるかどうかというくらいです。
もちろんとてつもなく憧れるのはわかりますが、実際にはかなり人数が少なく非常に数もいないということでしょう。

このため、婚活番組などで女性が「年収1000万円ある人がいい」なんていうのを聞いて鼻で笑うひとが多いのは、あまりに割合が少なすぎるためです。もちろん結婚できればいいのでしょうが、本当に夢でしかありません。

ちなみにサラリーマンの年収のピークは50代です。
その時に1000万円ほどあれば、もう言うことはないと思っておくといいでしょう。




Sponsored Links


年収1000万円の生活水準


1091
この年収1000万円の人の生活水準ですが、実際はかなりそれぞれの生活様式によっても違います。
というのも、このくらい稼げる人の場合は年収が高い分仕事もハードで忙しく、気を使うことが多くなっているのです。
起きたら仕事をして寝るまで仕事、間に休憩と称して食事、という程度の休みしか取ることができません。

また、仕事がハードなため休みもかなりしっかり取ります。
その時は豪華に旅行をしたり趣味の物につぎ込んだりしますし、ブランドバッグや靴、腕時計なども購入するようですね。

ただし必要ないと判断すれば全くお金をかけないこともあり、車や趣味にはかなりお金をかける一方で、生活の日用品は節約しているという必要なところの出費だけにはこだわらず、ほかは徹底的に節約する人も少なくありません。
これはこのような人たちの仕事は不安定なことも多く、生活水準を無意味に上げないようにするために行われています。




Sponsored Links


まとめ


1092
30代の場合、ハイクラスな人はかなり限られ、非常に狭いポストで働いているか、割合は非常に少ないということがほとんどでしょう。
もし友達などに年収1000万円以上の人がいればかなりレアな人材です。

ちなみに、サラリーマンの場合は税金や保険などが引かれ、最終的に手取りは700万円から800万円前後になると言われています。
このため、実際の手取りや生活水準はむやみに1000万円使えるということではありません。

仕事はハードで土日なく働いているからこそ高収入が得られるという考え方もあります。
ただ、その一方でリスクがあるからこそ年収が高いという考え方もできるでしょう。

このため、収入は多いものの安定性には欠ける人、仕事がハードすぎてかなり精神的に参ってしまうという人もいます。
目標としてはとても良いのですが、その一方で色々考える必要があるかもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る