少なっ!?サラリーマンが借りられる借金の平均限度額に驚愕!
1176 ❤

あまり大きな声では言えないけれど、実は隠れて「借金」をしているサラリーマンも少なくありません。
中にはどうどうと自分の借金や月々の返済に関して自慢げ?に話す人もいますが、基本的にはあまり人に知られて嬉しいものではありません。

けれども現在、借金(借入れ・キャッシングなど)などをしている人は1千万人以上いると言われており、決して珍しいことではありません。
冠婚葬祭が重なった時やどうしても大きな買い物をする時には便利だからです。

そこで今回はサラリーマンが借金をする際に、「借りられる借金の平均限度額」に関してご紹介したいと思います。


サラリーマンの平均的な借金額は?


602
住宅ローンや車のローンなど、高価なものを購入する場合にはローンを組んで購入するサラリーマンが大多数でしょう。
これらローンも借金ですし、クレジットカードの分割払いも一時的な借入をしていることになります。

平均すると住宅を持っているサラリーマンの場合2000万円ほど、住宅を持っていない場合は300万円ほどは借金しているということになります。
これらのローンは総量規制の対象外ですので年収の3分の1を超えていても借りることが可能です。

これ以外の借金の場合年収の3分の1制限がかかりますので、年収600万円のサラリーマンの場合、上限は200万円ということになります。
ただし平均した場合、上限まで借りていることは少ないので、100万円前後になると言われています。

冠婚葬祭や交際費などでカードローンを利用しているサラリーマンは多いのです。
少ない方でも50万円ほどは借入があるという方が多いでしょう。
平均すると、50万円から100万円の間が現実的な数値です。




Sponsored Links


サラリーマン借金限度額


601
サラリーマンの場合、年収が毎年余り変わりませんが、借金の限度額は原則として年収の3分の1です。
つまり年収600万円であれば200万円が、年収400万円であれば150万円が限度額ということになります。

この限度額は借入の上限ですので、実際にはそれより低い金額が利用枠として設定される場合が多いです。
そのため限度額は100万円から150万円の間ということになります。

金融機関は始めての融資の場合、公務員などの安定性の高い職業でない限り、基本的に50万円からの貸付の場合が多いようです。
そして、このため借入先が複数社になる傾向があり、3社目からは限度額を減額されることが多いです。

また法律上は年収の3分の1とされていますが、最近では過剰貸付をしないようにという金融庁の通達もあるため、年収の3分の1まで借入をすることができる方は、少なくなってきています。
従って30代の場合、100万円の利用枠があれば多い方だといえます。




Sponsored Links


まとめ


604
借金をする際に貸主は基本的に返済をできるかを審査しますので、返済額が収入の3分の1を上回るようだと平均して利用額が減額されてしまうことが多いです。
この他には、勤続年数や、持ち家かどうか、他のローンがないかなどを総合的に審査しますので、実際に限度一杯まで借入ができるケースは少ないといえます。

年収が多くなれば利用枠も上げてもらうことは可能ですが、きちんと遅れずに返済ができているかどうかは厳しく審査されますので、それまでどのような借入をして、返済をしてきたかという個人の利用履歴がクレジットヒストリーとして審査の際に重視される項目になります。

返済が遅れがちな方にはなかなか融資をしたがらないのが金融機関の本音であると言えます。
結局、利用枠をどこまで広げてもらえるのかは、返済実績も含めた利用実績が良好であることが重要であるといえます。

真面目に返済をしている方は利用枠を上げてもらいやすいのですが、同時に年収や勤続年数などもよいスコアが出るようになっていなければなりません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る