ネット銀行の住宅ローンてどうなの?ネット銀行の金利比較とメリット・デメリット
430 ❤

サラリーマンも結婚して子供ができて次に考えることと言えば一国一城の主…
つまりマンションや戸建などの住宅でしょう。

そこで気になるがネット銀行の住宅ローンです。
特にネット銀行の住宅ローンにおける金利比較とメリット・デメリットについて考えてみましょう。


ネット銀行の住宅ローンとは?


341
近年、ネット銀行の住宅ローンを借りる人が増えてきています。
ネットバンキングにおいて様々なローン書類を借りるときには全てインターネット上で申し込みを行う方式となります。

これは、ネットバンキングを取り扱う企業が店舗を持たないかあるいは店舗があったとしても少ないという点でネットを使って手続きを行う場合がほとんどとなっているためです。

インターネット上で申し込みを行う場合、銀行の店舗まで行かなくても手続きができます。
近年においてはインターネットの普及だけではなく、スマートフォンの普及に伴いネットバンキングを扱う企業の提供する住宅ローンなどの金融商品を利用する数が増えている傾向にあります。

家にいながらにして全ての手続きを終えることができる点もネットバンキングならではの特色といえます。
担当者と対面して話をする必要がありません。

これは、メリットにもデメリットにもなる部分といえるでしょう。
住宅ローンに関する知識がある程度持っている人にとっては、向いているローンといえます。




Sponsored Links


ネット銀行のメリット・デメリット


1019
ネット銀行のローンを利用するメリットとしては、提供される金融商品の金利が低いことが多い点にあります。
ですので審査が通った場合においては低い金利設定で利用できることが大きなメリットです。

また、ネットバンキングならではの個性的な商品を提供している点も上手く活用して行けば便利といえます。
反対にデメリットとしては、明確な基準が設定されていることで基準をクリアした人だけが審査に通るという点が挙げられます。
借りるに当たっての平均年収は高めに設定されています。

また、審査のハードルも厳しいです。
ほぼ全てを経歴と数字のみで判断されるネットバンキングでは審査の通過に関してはややハードルが高くなってしまうというデメリットが存在します。
逆に地方銀行の場合においては利息が高めに設定されてはいますが、審査については比較的ゆるやかに設定されています。

地方銀行とネットバンキングのどちらがいいのかについてはあまり明確な差は存在しません。
ですので、お好みで決めておいても大丈夫でしょう。




Sponsored Links


ネット銀行の金利比較


1020
ネット銀行の金利を例として借入金額を4,000万円とし借入期間35年で住宅ローンを組んだ場合を考えた場合に支払う金額を比較すると、総返済額はネットバンキングによって4,400万円から4500万円台という具合にばらつきがみられます。

4,400万円台がじぶん銀行という三菱東京UFJ銀行と通信企業の大手となっているKDDIが共同で立ち上げたネット専業の銀行の場合で、4500万円がネットバンキング最大手として広く知られている住信SBIネット銀行です。

ただ、住信SBIの場合は保証料無料や繰上返済手数料無料などの金利以外の利便性の高さを武器にしていることで知られており、一概にネット専業の銀行同士を比較したときに必ずしも住信SBIが不利とはいえないことを留意しておきます。
付帯サービスについては、住信SBIの場合は無料で8疾病が保障される制度があるため充実しています。

一方のじぶん銀行のほうも、がんにかかった場合については保障されており加入者ががんにかかった段階で住宅ローン残高が0円または半分になるサービスがついています。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る