現金との違いを比較!電子マネーの種類と特徴は知っておくべき
1000 ❤

SuicaやPASMO、楽天EdyやWAON、またまたnanacoカードなど…
私たちの生活には欠かせない電子マネーがたくさんあります。

便利だから使っている人も多いかと思いますが、電子マネーの種類や特徴などをしっかりと分かって使っている人は少ないかと思います。
そこで今回は電子マネーが出る前の主流であった現金支払いと比べて、電子マネーの種類や特徴に関して考察してみたいと思います。


電子マネーとは?


548
いつも使っている現金の代わりに、交通機関や小売業者が発行したカードを使って、支払いが出来る便利なツールが電子マネーです。
支払い前に入金(チャージ)するタイプ(プリペイドタイプ)と支払い後にクレジットカード等を経由して引き落とされるタイプ(ポストペイタイプ)の2種類があります。

同じような機能を持ったクレジットカードとは区別されています。
クレジットカードは支払った後に引き落とされるため、プリペイドタイプとも言えますが、お金を借りることが出来るキャッシング機能や買い物をローンのように分割して支払うリボ払いの機能があります。

また、支払うことが出来る金額が数十万単位で大きいため、クレジットカードを手に入れるためには収入等をチェックする審査が決められていて、プリペイドタイプのように誰でも簡単に手に入れることは出来ません。

ポストペイタイプはクレジットカードを持っていないと発行すらしてもらえません。
次に電子マネー種類と比較を見てみましょう。




Sponsored Links


電子マネーの種類と特徴を比較


59

電子マネー種類と比較として、支払タイプで分けるとプリペイドタイプとポストペイタイプの2種類あるのは、既に説明済みですが、支払タイプ以外に発行している機関により、交通系と商業系の2種類があります。

プリペイドタイプ
(交通系)Suica・PASMO・ICOCA等
(商業系)Edy・WAON・nanac

ポストペイタイプ
(交通系)Pitapa
(商業系)iD・QUICKPay

交通系は全国の交通機関が発行していて、本来は切符を買わずに電車やバスに乗るためのモノでしたが、交通機関が経営する商業施設でも使えるよう、使用の幅を広げています。
また商業系は全国的な小売店が自店の買い物を便利にするため、買い物の金額に応じたポイントを付与するために発行しています。

共通する特徴として、使って一番便利なことは支払いの速さだけでなく、支払った後に釣銭をもらう必要が無いこと、小銭は財布が膨らむし、ポケットに入れると邪魔になるけど、電子マネーならその煩わしさが解消されます。
それに電子マネーは現金には無いポイントが貯まる嬉しいサービスも次々と出て来ています。




Sponsored Links


まとめ


545
電子マネー種類と比較をしてきましたが、これらには現金に無い特徴がたくさんあり、これを便利な生活のために使わない手は考えられません。
面倒なサインや暗証番号の入力無しで、簡単でスピーディに支払いを済ませられるからスマートなショッピングが出来るし、紛失や盗難などの災難に遭遇したとき、現金そのまま無くなってしまうけど、保険等が付いているカードもあるので、セキュリティでも安心です。

電子マネーは使う人の特徴に合わせた選択が一番でしょう。
コンビニやスーパーでの買い物が多い人は商業系が使いやすいしポイントも貯まりますし、切符や定期券の替わりとして使いたいという人は交通系がスマートなのが利点ですね。

交通系のカードであれば、行き先の料金をその都度確認しなくても、すぐに乗車できるから目的地に早く着くことも出来ます。
プリペイドタイプは使うたびに残高が気になるけど、ポストペイタイプはクレジットカードから引き落としされるので、使い勝手の面では楽ちんです。それぞれの生活スタイルに合わせたベストチョイスでかっこよく電子マネーを使うことをおすすめします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る