借金やクレジットの返済で頭を抱えてしまったときには…
35 ❤

借金の返済、クレジットの支払いが大変…
そんな悩みを抱えているビジネスマンも少なくないでしょう。

少額であれば、それほど気にならなくとも、高額だと借金整理はなかなか大変です。
本人だけでは解決することが難しい場合もあったりします。

ここでは借金やクレジットの返済が大変だと感じたときに、借金の整理法をいくつかご紹介したいと思います。




Sponsored Links


借金やクレジットの返済で頭を抱えたときには…


借金返済が困難な場合、その借金の整理をする必要があります。
この方法には、貸主との交渉での任意整理(通常、弁護士事務所が行う)、裁判所に申し立ててする調停(特定調停)、民事再生(個人再生)、自己破産の方法があります。

債務整理の交渉あるいは法的手続きは債権者(貸主)との対応の問題もありますので、関係機関(弁護士会、ADR機関など)で一度は法律相談を受けるとよいでしょう。
なお、夜逃げや蒸発で借金から逃れようとする人がいますが、本質的な解決にはなりません。

裁判所を利用した借金の整理法には、その困窮度合いに応じて、次の3つの方法があります。

⓵調停・特定調停
調停には通常の調停により裁判所を通じて話し合う場合(債務調整事件)と、民事調停の特例として支払不能に陥るおそれがある場合に話し合う特定調停があり、いずれも簡易裁判所に申し立てて行います。
特定調停は債務者の借金があまり多くない場合の借金整理法です。

⓶民事再生
民事再生は経済的に窮境にある債務者の経済的再生を図るための制度です。
法人も個人も活用できますが、個人の場合の再生手続きには、(1)小規模個人再生、(2)給与所得者等の再生、(3)住宅資金貸付債権に関する特則が設けられています。
申立先は地方裁判所です。

⓷自己破産
自己破産は借金整理の最後の手段と言われ、地方裁判所に破産手続き開始の申立てをします。
その後、破産手続き開始の決定がなされ、免責(借金の免除)許可の決定が出されることで、再起を図るというものです。

借金整理で気をつけなければならないことは、借金の整理は全部一度にするということです。
借金整理をしない部分が残ると、そこから再び借金地獄に陥ることが少なくありません。

借金整理の相談で、事情があって一部の借金を隠す人がいますが、得策でなく、相談などでは借金の全部について話し、どうするかを検討すべきでしょう。
借金整理に当たっては家族の協力も不可欠ですので、事前に相談するようにしましょう。
保証人についても、借金整理をすれば、その人にも当然影響がありますので、事前に話しておくことです。

また、財産を隠したり、自己破産などでの審尋に当たっては嘘をつかないことです。
場合によっては、詐欺破産罪に問われることがあります。
なお、返済が滞ると貸した側(消費者金融など)の取立が厳しくなることも予想されます。

こうした場合、泣き寝入りはせずに、法律違反の取立があれば、監督官庁への苦情の申立てや、殴られたなどの刑法等に触れる行為がなされた場合には,告訴するなどの対抗策をとることも重要なのです。

任意整理・・・裁判所を通さないで話し合いによる整理
調停(特定調停)による整理・・・簡易裁判所に調停の申立てをして行う
民事再生による整理・・・地方裁判所に民事再生の申立てを行う
自己破産による整理・・・地方裁判所に破産手続開始の申立てをし、免責を得る

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る