使うテクニックは一緒?一流の男性は恋愛も上手なのか…
904 ❤

一流の男性は、恋愛テクニックも上手です。
なぜなら、恋愛テクニックだけが下手なのでは一流がつとまらないからです。

それは一流を気取っているのではなくて、一流とはすべてが上手でなければなかなか成立できないものだから…
そのため普通の人のように「恋愛だけは特別」として、ビジネスとは別に考えている一流の男性はほとんどいません。
そんなことをすれば、自分のビジネスの評価でさえも二流へと下げてしまうからです。

それでは、恋愛に使う、一流のテクニックとはどんなものでしょうか?
仕事も恋愛も一流でなければエッジの効いたビジネスマンとは言えません。




Sponsored Links


仕事でも恋愛でも使える一流のテクニックとは?


30
エッジの効いたビジネスマンが恋愛で使うテクニックは、まさにビジネスのテクニックそのものです。
もちろんフリーマーケットのように値切り交渉などをする打算的な交渉は女性とはしません。

その代わりに、しっかりとターゲットの女性を物色して調べます。
まさに恋愛におけるターゲティングやマーケティングといったところですね。

その結果、営業や経営戦略などで見込み客以外にセールスしないのと同じように、「これは!」という女性にしか声はかけません。
いろいろと声をかけるとこちらを安く見せてしまうだけです。

だからこそ綿密な選定を行った上で、自分自身が狙うターゲットの女性を一人決めます。
またターゲットの女性は「なぜ彼女を狙うのか?」という問題意識に対して明確な理由がなければなりません。

職場でひときわ美しい女性、今までにないタイプの女性、結婚後の理想の家族像が目に浮かぶ女性、とてもお金持ちの女性などを理由をしっかりと考えて狙います。
この際に情報収集は欠かせません。
経営戦略などを立てる場合には、ここでアンケートなどを取りますが、恋愛でアンケートは難しいため、彼女の友人・知人などから情報収集を行います。

彼女がどんな趣味を持っているのか?、家族構成は?、これまでの経歴や好きなタイプなど…
自分自身が欲しい情報を情報収集だと悟られないように、それとなく集ます。

そして一度狙えば後は同じです。
最初は初期投資も多めに見積もって、いろいろアプローチを仕掛けます。
すでに彼女の事はリサーチ済みなので、好きな映画や音楽、食事や趣味などに合わせて誘えばまず間違いありません。

そうしてデートに誘う事ができれば、まずは第一ステージクリアです。
そこからは前々から計画していたデートプランを再度確認し、当日までにイメージトレーニングも欠かしません。
もちろんデート中は、そんな素振りは一切見せず、自然な流れで進めていきます。
これはビジネスでも同じでお客さんに物を売るのではなく、自然な会話や雰囲気の中で、いつの間にか契約してしまう…
という流れを作り出すのです。

その結果、彼女が最初に思い描いたとおりの女性であれば、そのとき初めてしとめます。
ここで大事な事は彼女に自分自身の良いイメージを描かせて事です。
ビジネスでもお客さんは物やサービスを買いたいのではなく、物やサービスを買った自分をイメージして、「これであれば…」と判断・決心するのです。
これは恋愛においても同様で、彼女に「この人であれば一緒にいられる」、「この人は安心だ」、「この人といれば幸せになれる」というようなイメージを描かせてあげるのです。
そうすれば彼女があなたから離れていく理由はありません。




Sponsored Links


まとめ


211
とにかく、一流の男性は、何もかもが違います。
女性に飢えているのでもないためにわざわざ庶民の女性を相手にはしません。
相手にするなら、なんらかの自分に関係ある価値ある女性を狙い、付き合いさえも次につなげるビジネスと考えている人もいるでしょう。
なぜなら恋愛がビジネスや取引に通じている事を彼らは知っているからなのです。

取引としてみているために商品を選ぶように次々と、勉強になるような女性を変えて自分の成長のために、磨いているのです。
このような意味では、一流人の男性は恋愛においてもビジネスにおいても自己成長になる同じテクニックを使っていると言えるでしょう。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る