彼女が30代だと結婚しなきゃダメ?男のケジメと本音
1230 ❤

男性の30代と言えば、会社勤めをはじめて約10年、重要なポストを任され、昇進に向けてバリバリと働きたいものです。
そして休日には彼女と楽しい時間を過ごし、食事に行ったり旅行に行ったり…
生活的にも20代の頃と比べて、少し余裕が出て来たといったところでしょう。

しかし一方で、女性の30代は?と言えばそうとは限りません。
「結婚するなら30歳まで!」とこだわっている女性の言葉を耳にすることもあります。

もし今付き合っている彼女が30代だとしたら、男としてケジメをつけるべきなのか…
それとも、もう少し遊んでいたいという本音を採用するのか…
男にとって一つの別れ道となります。




Sponsored Links


30代の彼女がいても男が結婚に踏み切れない理由


863
今付き合っている女性が結婚適齢期を迎えていると知りつつも、踏み切れない男性も多くいます。
いまいち踏み切れない男性のタイプは大きく3つに分けられます。

まず1つめは、今の彼女のことは嫌いではないけれども、今すぐ結婚したいとは思わないタイプです。
このタイプの男性は、仕事や趣味が充実していて、自分のことが一番だと考えます。

また、同僚や友人も独身者ばかりで、自分が家庭を築くことが映像としてイメージできていない事が多いのです。
そのため、このような男性と付き合う30代女性の中には、自分の将来をあまり考えてくれていないのだと、思い切って身を引いてしまう可能性もあります。

もし彼女と一緒にいたいと思うのであれば、そういった彼女の想いやお互いの考えを話し合い、2人の将来のイメージを共有する事が大切でしょう。

次に、ビジネスマンは職場関係での出会いが豊富で、もちろん異性との出会いも豊富にあります。
そこで目移りしていしまい、もっといろんな人と知り合いたいと思う気持ちが、足踏みをしてしまうタイプの男性です。

このタイプの男性の場合、自分の理想を追い求めて、結果的に中々結婚できないという可能性があるので注意が必要です。
30代の彼女がいながらも、職場の20代の女性に気持ちがいってしまう…
このようなタイプの男性であれば彼女に愛想を尽かれてしまう可能性もあるのでその点も注意が必要です。

3つめは、家庭(奥さん)に縛られるのではないかと考えて、踏み切れずにいるタイプです。

ビジネスマンにとって、仕事上の関係者との付き合いは大切です。
時には商談をスムーズに行うために、プライベートの時間を犠牲にしないといけない場面もあります。

そのような時に、奥さんに束縛される行為はやはり面倒に感じますし、もっと言ってしまえば嫌気がさすものです。
新婚当初は理解を示していても、長く続けば愚痴も多くなるものです。

しかし、男性も年を重ねれば一家の大黒柱になり、家庭と仕事を両立させて一人前の男になりたいと願うもの…
仕事や趣味に一生懸命なビジネスマンタイプの人がパートナーに求めることは、自分のことを信じて、束縛せずに自由にさせてくれる懐(ふところ)の広さです。

結婚する事で束縛されるというネガティブな想いだけではなく、一緒に人生を支えてくれるパートナーというポジティブな考え方を持つ事も大切なのです。




Sponsored Links


まとめ


862
結婚したいというオーラが全開の女性、特に30代となると責任を取って一緒にならないといけないのではないかと身構えてしまいます。

しかし結婚には様々なメリットがあります。
それは自分の人生を支えるパートナーができるという事、また自分が家族を支えるという覚悟を持つ事で、仕事にも今まで以上に身が入ります。
また世間体も良くなるでしょう。

一人暮らしの時は自堕落だった生活も改善され、心身ともに健康になるかも知れません。
そして結婚して子供ができれば、両親に孫を見せる事で親孝行にもなります。

デキるビジネスマンであればあるほど、ついつい打算的になってしまいますが、このようなメリットがある事を考えると、もし30代の彼女がいるのであれば、そろそろ男の決断をしてみても良いのではないでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る