カラオケで男が女の子の好感度を上げようと失敗している件
633 ❤

カラオケで女の子の前でモテたくて、好感度をあげようとして逆に場がしらけたり、引かれてしまう人っていますよね。
職場のメンバーや、合コン、友達同士で行っても、必ずそんな人が一人はいるって、思っている人もいるのでは?!

デキるビジネスマンであれば、TPOに合わせたカラオケの曲選びや歌い方ができなければいけません。




Sponsored Links


好感度を上げようとカラオケで失敗しないために…


男同士の間では盛り上がる曲でも女の子には受けなかったり、逆に失敗してしまうパターンが意外と多いものです。
初対面で合コンのカラオケが2次会だと、酔っている人も多いので、気にいった女の子に、好感度を上げようとしてバラードを歌ったり、歌いながら目を合わせてみたりする人って、逆に失敗してしまうパターンが多いのも事実です。

確実に自分のことが気になっていると思っている女の子になら、好感度をあげようとチャレンジしてみるのもありですが、なかなか勇気もいりますよね。
201
そこで失敗してしまったら、嫌われてしまうだけです。
初対面の席では、特に好感度作戦は、慎重にしたほうがいいです。

女の人は、何でもないところで意外と気にしていたり、理解できないのが女心ですから。
男の人がカラオケでバラードを歌うのは、場の空気を考えて選曲しないと失敗する確率が高いです。

基本的に数人でカラオケに行った場合は、みんなカラオケで盛り上がりに来ているので、バラードよりもノリノリの曲で、上手に歌われた方が好感度が上がることの方が多いのです。
そもそも「いきなりバラードかよ重い…」って思う女子も多いのです。

もし女の子と2人で来た時には、互いの関係性もありますが、落ち着いた曲から入るのもありです。
けれども、さすがに重い人生観を語るような歌は避けて、無難に落ち着いた曲を選択をしましょう。

また、ここでどちらの場合にでも、モテようとして、かっこつけて振り付けをしたり、アイコンタクトをしてみたり、さりげなく視線を送ってもいいのは、イケメンで歌に自信がある男でないと女性は落ちません。
無理に注目をあびようとして、ノリノリの曲や流行りの曲でせめても、歌が上手でないと失敗してしまうということになりますね。

女の子は感性が鋭いので無理しているなとか、緊張しているとか狙ってモテようとしているのをすぐに察知します。
そのパターンを見抜かれて、失敗してしまう事が多いのです。

もしカラオケがあまり得意でない場合は、周囲を自然に場を盛り上げて、女の子にさりげない気配りをしている人の方が、実はモテているという事実です。
歌ってもない無口な男って、魅力的に見えて逆に女の人にとっては気になる存在なのでしょう。




Sponsored Links


まとめ


200
さて、これらをまとめると…
数人の男女でカラオケに行った場合は、いきなりバラードはNGで、みんなが盛り上がる曲を選曲すること。
そして、あまりカラオケに自信がないというのであれば、みんなを盛り上げて気配りに徹する方が良いでしょう。

ただ、そのような場合でもいつかはマイクが回って来ます。
そんな時には前もってカラオケが得意でないことをアピールしておいた上で、バラードではない歌いやすい短めの曲を選んで歌いましょう。
カラオケの十八番(おはこ)といかないまでも、マイクが回って来た時に歌える曲を用意しておくことも大切です。

もちろん彼女や女友達と2人でカラオケに来たら、気心が知れた仲でもあるのでバラードから入っても良いでしょう。
しかし、どちらにしても過剰なアピールや歌いながら目を合わせるみたいな“特殊”な歌い方はせずに、その場の空気を読んだ歌い方と選曲をすることがベターです。

エッジの効いたビジネスマンであれば、TPOに合わせたカラオケのスタイルもしっかりとマスターしておく必要があるのです。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る