彼女のわがままは治す?それとも我慢する?デキる男の選択
843 ❤

「彼女のわがままに付き合ってられない!」…
「彼女のわがままが可愛い」…
男性のよって、この意見は分かれるところです。

イメージ的には20代の若い男性の方が許せないと感じる傾向にあり、30代以上のある程度年齢を重ねた男性だと女性経験も豊富になり、許せてしまう傾向にあるのではないかと思います。

もちろん、これはお互いの性格的な問題が大部分を占めており、もし彼女のわがままに困っているのであれば、上手く対処していく方法を学びましょう。


彼女のわがままに見られがちなパターン


264
当然、彼女と言えどもあかの他人です…
彼女と付き合っていると、わがままだと感じてしまうこともあるでしょう。

そういった時には、それを治すよう働きかけるといったことも大事ではありますが、時には我慢をするといったことも大切と言えます。

なお、どういったわがままなのかによって対処の仕方は変わってくるものです。
ちなみに、どういったわがままが存在するのかというと、良くあるのは相手(彼氏)の意見を否定するといったものです。

世の中には、色々なことに対して文句が多い人がいますが、否定タイプの人間も結構います。
そして否定するだけでなく、ではどうしたいのかという意見を求めると、特に意見はないというパターンもあります。

これとは逆に、意見は言うのだけれど、その主張が強すぎて、やたらと相手のことを連れまわしてしまうというのもよくあるパターンです。
また、相手とある程度仲良くなった時によく見られるパターンとして、相手への接し方が雑になるといったものもあります。




Sponsored Links


彼女のわがままを治すには「我慢」?


269
彼女のこういったわがままを治すのは難しいですから、まずは我慢をする方法を覚えておきたいところです。
我慢をしていると、やがて彼女の態度が変わって結果として治すことになる場合もあるでしょう。

まずは気の持ちようというのがとても大切になってきます。
否定的な態度を示したり、意見を押し通すような態度が見られるということは、相手に対して心を許していることの表れでもあります。

ですから、それが安心感や甘えとなって、冷たい感じの態度をとってしまうわけです。
つまり、嫌いだからそういった態度をとっているのではなく、好きだからこそ遠慮なく接してきているといった捉え方をして、心を広く持つようにして彼女と接していくようにするのです。

色々と言われて、しょんぼりとしている様子を見せたら、面白がってどんどん甘えてくることもあるでしょうから、余裕のある態度で接していくことが大切です。

ただし、あまり余裕のある素振りを見せすぎると、バカにされていると感じてしまう恐れがありますから注意が必要です。




Sponsored Links


彼女のわがままを治すには?


268
彼女というのは、付き合い始めたばかりの頃は遠慮がちな態度であっても、どんどん色々なことを言ってきたり、してきたりするようになることがあるものですが、これも、それだけ心を許してくれている証拠だと考えてみるわけです。

そうすることで、わがままな態度を我慢しやすくなることがあるものです。

ただし、ただひたすら我慢をするだけでは、ストレスが溜まってしまうでしょうから、そこは調整が必要です。

例えば何か困るようなことを言われたりした場合に、すぐに受け入れるのではなく、少し困った素振りを見せるのです。
この時に、何とかしてあげたいけれど難しい、といった感じで少し時間を置くのです。

ちなみに、結局この後にその言われたことを叶えてあげるのですが、困らせたことを目の当たりにすれば、どれだけ自分勝手なことを言っていたかを認識することになりますし、それを叶えてくれたということに対して愛情を感じることができ、関係性が良い方向に変わっていくことも期待できるものです。

また普段おとなしい対応をしているのであれば、本気で怒ってみるというのも一つの手です。
今まで溜まり溜まった鬱憤(うっぷん)や気持ちを相手に伝えるのです。

ひょっとすると彼女が自分のわがままに気付いていない可能性もありますし、あなたが感情を表すことでこれまでの行いを改める可能性もあるからです。

ただ、どちらにしても彼女への愛情は忘れないようにしましょう。
女性は自分への愛情があって話しているのか、そうでないのか敏感に感じ取ります。
デキる男であれば、この辺りのこともしっかりと意識して彼女とコミュニケーションを取るようにしましょう。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る