教えて!逆ナンされる男の条件と逆ナンされる方法
4644 ❤

男性が女性をナンパするのは至極当然…
しかし女性が男性をナンパする所謂(いわゆる)「逆ナン」となると、とても珍しいかと思います。

ただ、「人生一度は女性に逆ナンされてみたい」…
そんな願望を持っている人も少なくないでしょう。

そこで、そんな夢を少しでも叶えるために逆ナンされる男の条件や逆ナンされる方法についてお話しましょう。


逆ナンされる男の条件


320
逆ナンされる男の条件は「イケメンであること」と思われがちですが、意外とそれだけは無いようです。
この他にも「何となく声をかけたくなった…」と感じさせる男性も逆ナンされる条件を持っているのです。
例えばこんな意見が寄せられました。

草食系男子、肉食系女子という言葉ができて久しいですが、実際、肉食系女子に逆ナンされる男子も増えてきているようです。
とは言っても、自分とは無縁だなと思っていたところ、なんと、先日、生まれて初めて逆ナンを体験しました。

その女性とは、その時にお茶を飲んで別れただけなんですが、思い切って「何で僕なんかに声をかけたの?」と尋ねてみました。
逆ナンされる男の条件を知りたかったからです。

彼女の答えは、まず「街中で一人でボーッと立っていて、暇そうにしてたから」でした。
なるほど。
確かに僕はその時、一人で映画を観に行こうとしていて、あまりに早く現地に到着してしまって、どうやって時間を潰そうかと考えあぐねていたところでした。

「暇そうにしてたから」にはちょっとガッカリしましたが、続いて出た彼女の言葉を聞いて、大いに驚きました。
あと、言われたのは、「母性本能がうずくっていうか、かわいい感じに見えたので声をかけたくなった」。
確かに僕は童顔で若く見られます。
それがトラウマだったりするんですが、逆ナンされる男の条件としては「あり」なんですね。

と言ったものです。
女性によっては男性の顔だけでなく、やはり話しかけやすい雰囲気ができているというのが条件なのでしょう。
確かにイケメンであってもクールで話し掛けにくい人も多いでしょうし、返って顔は普通だけど話しかけやすそうな人もいます。

そのため逆ナンされる男の条件としては、「(女性の好みの)顔立ち」×「(暇そうな・話し掛けやすい)雰囲気」を持った状態と言えるでしょう。




Sponsored Links


女性から逆ナンされる方法


321
以上の条件から、男性側における女性から逆ナンされる方法が見えてきました。
そこで今度は女性側で逆ナンしたくなるような条件を検討する必要があります。

これは端的に言えば、女性の方が男性を求めている時と言えるでしょう。
例えば女性同士で飲みに行った帰りなどは女性が開放的になり、さらに女性で何人かいれば男性一人に声かけるのもハードルが下がります。
酔った勢いで…というのは、女性にも当てはまる言葉です。

つまり飲み屋街などで一人、もしくは何人かで飲んでいるような女性は逆ナンをする可能性も高いと言えるでしょう。
また女子寮が多い地域なども候補に挙げられるかと思います。

このような女性側でも逆ナンしたくなるような条件が整えば、タイプの男性がヒマそうにぼーっとしていたり、にこやかな様子で目が合ったりすると、ひょっとすると「何してるんですか?」と声を掛けてくれるかも知れません。
また上手くすれば「一緒に飲みに行きませんか?」と聞かれるかも知れません。

最近では相席屋と呼ばれる男女が出会うようなお店もできており、女性から逆ナンされる方法として、このように女性が多い飲み屋街で待ち構えるというのも良いでしょう。




Sponsored Links


まとめ


317
逆ナンされる男の条件としては「街中で暇そうにしていること」や「かわいい感じに見えること(母性本能をくすぐる雰囲気)」、「表情がにこやか」、「声をかけやすそうな雰囲気」などなどに集約されます。

ポイントは、必ずしもイケメンだから逆ナンの対象になるとは限らないことです。
これは多くの男性にとって嬉しいことでもあります。

女性はイケメンでもクールな雰囲気だったり、親しみやすさに欠ける雰囲気の人は逆ナンしにくいのです。
そして逆ナンされる方法としては、飲み屋街などでイイなと思う女性(陣)が街中にいたら、こちらから目を合わせて、にこやかな表情をしてみるのも作戦の一つです。

もちろん、あまりニコニコしすぎると怪しい男と思われてしまうかもしれませんから、ほどほどにするのがポイントです。
あまり重たく考えずに、道に迷った人が思わず「この人に聞こう」と思いたくなるような、穏やかで親切な雰囲気を出すように心がけると良いかと思います。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る