手取りが少ないけど1年で貯金100万を作れた3つの方法
716 ❤

日夜、働くビジネスマン…
しかし給料が上がらなかったり、社内ではなく社外の営業などで出費がかさみ、中々貯金ができないという人も少なくありません。

しかし、同じ給料をもらっている人であっても、中には1年で50万・100万と貯金に成功している人もいるのです。
そこで、手取りが少ないけど…
これから「1年で貯金200万を作れた3つの方法」についてご紹介しますので、あなたの貯蓄計画の参考にしてもらえればと思います。

1年で100万円だと、1ヵ月でだいたい8.3万円です。
この金額を目指して貯金を考えていきましょう。


手取りが少ないけど1年で貯金100万を作れた方法その1


1351
手取りが少ないとしても、工夫次第でたくさん貯金をすることはできるものです。
例えば、1年で100万の貯金を作れることもありますが、その理由として挙げられるのは、何と言っても「節約生活」です。

食生活一つ取ってみても、食べる物が違えば、当然お金のかかり方は変わるものです。
ビジネスマンの場合、昼休憩の時に外に出て食事をする人もいるでしょうが、利用するお店によって1000円かかることもあれば、800円の時もありますし、もっと安くて500円ぐらいで済むこともあるでしょう。

1000円であれば一ヶ月30000円ですが、500円ならその半分ですから15000円となり、かなり節約できることになります。
そのためには「お弁当」を作って持って行くというのも一つの手なのです。
もちろん毎日だとしんどい時もあるでしょうから、週に2回や3回など、バランスを考えると続けやすくなることでしょう。

お弁当でお昼代や就業中の飲み物、さらにその他の食事も自宅で自炊するようになれば月の食費を人によっては数万から10万以上も浮かすことができます。
ですので、この点は必ず見直しておきましょう。




Sponsored Links


手取りが少ないけど1年で貯金100万を作れた方法その2


1352
手取りが少なくても1年で100万円の貯金をするためには、食事以外の部分に関してもお金の使い方を工夫することが大切です。
例えば、洋服というのは私服と仕事用と必要になりますが、どちらにもお金をかけてしまったら、なかなかお金は貯まって行かないものです。
とは言え、友達や恋人と会う時にはきちんとオシャレもしたいでしょう。

ですから、人と会う時に着る洋服にはお金をかけて、家で一人で過ごす時に着る洋服にはあまりお金をかけず、価格の安いものにすると良いのです。
なお、ファッションアイテムというのは、見ると欲しくなってしまうことが結構ありますから、無駄にお店に見に行かないようにするというのも一つの工夫です。

あまり誘惑のある環境に身を置かないようにすれば、ファッション以外のことでもお金を使いすぎることはなく、お金を貯めやすくなるものです。
ただ男性でもブランドショップや流行のファッションを意識する人もいるでしょうから、その場合はたとえば似たような服をリサイクルショップなどで購入するとかなり安くなります。

ジャケットやパンツが1000円以下だったり、シャツが数百円と驚くような値段のリサイクルショップが結構ありますので、日頃から定期的に服を購入している人は、ここで月に出費を大幅に抑えることができるのです。




Sponsored Links


手取りが少ないけど1年で貯金100万を作れた方法その3


1354
手取りが少ない人が1年で100万貯めたいと思った時には、お金の使い方を工夫するのも良いものですが、お金を使う暇がないほど何かに打ち込む生活をするというのも一つの方法です。
例えば、仕事に一生懸命であればお金を使う暇がありませんし、お金のかからない体の鍛え方をしていれば、時間はあっという間に経つものです。

頼りがいのある人や美しい体を維持できる自己管理能力の優れている人というのは、異性から見ても同性から見ても魅力的に見えるものです。
ですから、仕事やボディケアなどに一生懸命取り組めば、お金を無駄に使ってしまうことを防げるだけでなく、自分の魅力を増して、回りからの反応が良くなることにもつなげられるわけです。

こういった生活を1年続けて、実際に目標の金額を貯められたら、自信がついてリズムにも乗れますから、次の年も達成しやすくなることでしょう。

実はこれはとても大切なことで、休みが多いと漫画やちょっとした食べ物を買ってしまったりします。
また特に用事もないのに出かけることもあるでしょう。

そういった休日の時間の使い方だけでなく、「休日のお金の使い方」もしっかりと見返す必要があるのです。
実はその間に月で数万の出費があれば、逆に1年で100万円が貯められる可能性を失っていることにもなるからです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る