どうしよう…デートで会話のネタが尽きた時にあなたはどうする?
917 ❤

気になる女性との念願のデートにもかかわらず、「会話がネタ切れしてしまった」と言う経験がある男性は少なくないでしょう。
特に相手に対する憧れが強ければ強いほど「楽しませなければいけない」と言う感情に捕らわれてしまい、必要以上に会話を意識してしまいがちです。


デートで会話のネタが尽きたら?


332
確かに男としてはデート中の会話で女性を楽しませたり、二人の間を盛り上げるために会話は欠かせません。
けれども会話がそれほど長く続かない場合もあります。

さて、そんな時はどうすれば良いのか?…
結論から言えば、実際にはネタなどどのようなものでも良いのです。

必ずしも相手の興味があるネタを話題にあげなければいけないと言う訳ではありませんし、楽しいネタを提供しなければいけないという訳でもありません。
時には相手が全く興味を持たない内容を話しても問題はありません。

お互いを良く理解した相手とのデートであればいざ知らず、これから関係を発展させようとしている相手とのデートであれば、むしろ「相手が苦手な内容や興味が無い内容」を知れることの方が大きな意味を持ちます。

また、どうしてもネタ切れになってしまったと感じたら、「相手について質問する」という対処法があります。
すでに済ませてしまっている内容かもしれませんが「休みの日は何しての?」、「好きな芸能人は?」、「好きなスポーツは?」、「好きな音楽は?」などなど…
「相手がどんなものに興味を持って好いているのか」という事を質問してみましょう。

こういった質問は相手の趣味趣向を知るうえで非常に役立つだけでなく、相手からの会話を引き出す絶好のチャンスにもなります。
人間は基本的に「自分の事を話したい」と言う欲求を持っています。

自分の考えを理解してもらいたい、共感してもらいたいという生理的欲求がある為、特に自分の好きなことや興味を持っていることについては話すことに抵抗を感じづらくなります。
会話が自分が話すだけでなく、相手の話を聞いてあげるのも会話なのです。




Sponsored Links


デートで会話を盛り上げるテクニック


331
デートで会話を盛り上げたいのであれば、一番は自分がおもしろい話をすることです。
過去にあった出来事や共通の話題など、鉄板のおもしろ話があればその話をすれば良いでしょう。

しかし、そんな鉄板のおもしろ話を持っていない…
というのであれば聞き役に徹することもデート中の会話を盛り上げるテクニックの一つです。

聞き手(男性)としては相手の事をより深く理解できるチャンスになりますし、話し手(女性)としては話すことでストレスを発散したり「この人は私の話をちゃんと聞いてくれる」と言う印象を与えることにもつながります。

ただし、この際に注意するポイントとしては「しっかりと相槌を打つ」という事です。
自分がネタ切れしたことで相手に話題を提供してもらっているにもかかわらず、それに対する対応が疎かになってしまっては印象を悪くするばかりです。

女性にしてみても「せっかく話してもちゃんと聞いてもらえない」と感じてしまえば自分から話すことを止めてしまうかも知れませんし、何よりも「リスペクトするに値しない相手」と言うレッテルを貼られてしまう可能性が高まります。

しっかりと相手の話を理解し、「何を言いたいのか、どう感じて欲しいと思っているのか」を敏感に感じ取れるようにすることが大切です。
もし、そうしたスキルや準備が自分には足りていないと感じるのであれば、あくまでも自分が主となって話題を提供し、その中で「お互いに興味を持てる内容」をピックアップして掘り下げていった方が賢明です。

結論として、ネタ切れになった時の対応として重要なことは話題では無く「行動」であるという事を理解しておけば良いでしょう。




Sponsored Links


まとめ


330
デートで会話のネタが尽きた時には、無理をして話そうとするのではなく、質問などをして女性の話の聞き役に徹することも大切です。
質問する内容もそれほど凝った事を聞く必要などなく、「休みの日は何しての?」、「好きなスポーツは?」など、女性が答えやすい事を聞いてあげましょう。
すると、その話の中でまた質問をして話が広がっていったり、共通の話題が出てくるかも知れません。

エッジの効いたビジネスマンであれば、ビジネス上の商談やミーティングなどでも活かせるでしょう。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る