年上の彼女が説教くさいんだけど…年上彼女を持つ男の悩み
1196 ❤

年上の彼女と付き合っている男性は少なくありません。
年上のお姉さんと付き合うなんて羨ましいと感じることすらあります。

しかし年上の彼女と付き合うにはそれなりの悩みもあります…
今回はその中でも「彼女が説教くさい…」という悩みに関して考えてみましょう。


年上の彼女が説教してくる内容はどんなこと?


年上の彼女と付き合っていると、説教くさいと感じてしまうことがあるものですが、説教の内容というのは一つとは限らず、色々なものがあるものです。
1359
例えば、一緒に出掛けた時に、食べ方が汚いと言われたり、歩き方などが悪かったことを指摘して、もっときちんとしてほしいと言ってくることがあります。
また、同棲している場合には、掃除や洗い物など家のことがきちんとできていないことを説教くさい感じで指摘してくることもあるでしょう。

その他、お金に関することに対して、色々と指摘されることもあるものです。
趣味の物を買いすぎて、無駄遣いをしていると指摘されたり、やたらとクーポンなどに固執して、ケチくさいという指摘をされることもあったりします。

このように、結構色々なタイミングで説教をされていると感じてしまうことがあるものです。




Sponsored Links


年上の彼女が説教くさいと感じる理由


1357
年上の彼女が説教くさいと感じる場合、単に彼女がイライラしていて、八つ当たりのような感じで、つい説教をしてしまうといったこともあるでしょうが、理由が男性の方にある場合もあるものです。

例えば、食べ方が汚いという指摘をされた場合、それは食事のマナーがなっていないから指摘をされたとも言えます。
口うるさくしつこく言ってくるようであれば、あまりいい気はしないでしょうが、そうでないのであれば、自分が気を付けることも大切です。

他のことでも同じで、家の仕事の仕方が悪いのは、自分のだらしなさの表れでもあります。
また、お金の使い方に関することも、自制心のなさや神経質な部分が出過ぎて相手を不快な気持ちにさせていることもあるものです。
ですから、なぜ説教などしてくるのかを考える時には、自分の行動も振り返ってみることが大切と言えます。




Sponsored Links


まとめ


1356
年上の彼女と付き合っている時には、ちょっと何かを指摘されたら、年が上だからといって偉そうに、と感じてしまう人もいるかもしれませんが、原因は自分の方にあるかもしれませんから、注意しておきたいところです。

ただし、自分に落ち度はないと自信を持って思える場合もあるでしょう。
そんな時には、なぜそういった行動をとるのか、相手の立場で考えてみることが大切です。

もしかしたら、仕事場で嫌なことがあったのかもしれませんし、ずっと悩んでいて人に話せないことがあるのかもしれません。
そういったことを言われなくても察する力や声をかけて話を聞く姿勢を見せるということも大事なものです。

人間、生きていれば調子の悪い時はいくらでもありますし、機嫌の良い時もあれば悪い時もあります。
大切なのは、そういった状態の相手を見てもすぐにイライラするのではなく、原因を考える冷静さを持つことです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る