女は男にこんな強い「こだわり」を持っているって知ってた?
883 ❤

女性というものは洋服、靴、時計、アクセサリーや、インテリアグッズなどにこだわり、それなりのお金をかけています。
つまり、それだけモノを見る目が肥えているということですね。

イイ男になるためには、自分の持っているアイテムが女性の目に適うモノであった方が良いのです。
だからといって、安易に高級品に走るのはNG…

なぜならモノは単なるツールではなく、持つ人のセンスやポリシー、生き方などを反映しているからなのです。
実際、「初対面の男性の時計を見れば、その人の収入やモチベーションが分かる」、「スーツや靴のセンスでデキる男かどうかが分かる」と話す大人の女性は多いものです。

魅力的な男になるために、これから紹介するグッズを大いに参考にして欲しいと思います。




Sponsored Links


男ならココにこだわれ!


2101
ブランド物を持つのがカッコいい、という思い込みは大きな勘違いです。
服や小物にお金をかけるのは決してマイナスではありませんが、男性が思っているほど女性にはブランドはウケません。

女性が魅力的に感じるのはアクティブなイメージのもの…
たとえばスポーツとかアウトドア系のグッズならいくらこだわっても良いでしょう。

むしろスポーツやアウトドア系のグッズは持てば持つほど好感度が上がるということがあります。
こういったグッズからは、「仕事はもちろん、休日もイキイキと過ごしている人」というイメージが広がるからです。

その意味でどうせお金をかけるなら、誰でも持っているようなブランド物よりも、スポーツやアウトドア系で使えるものに費やした方が良いのです。

また、スポーツ、アウトドアと並んで人気が高いのは、車やバイクなどの乗り物系も悪くはありません。
車やバイクとか、自分の乗り物にこだわっている人って男っぽいと感じる女性も少なくないからです。

そもそも車やバイクは男性のファッションやライフスタイルの一部でもあるので、乗り物にこだわる姿勢は、そのまま生き方へのこだわりにも通じるのです。
この点も、女性から高い評価を得ている理由と言えるでしょう。

同じくメカニックなグッズとして、パソコンやカメラといった機械ものを挙げる女性も意外と多いのです。
パソコン、カメラ、HDDつきDVDなど、最新機器に詳しいと男っぽいと感じることがあるからです。

むしろ女性はこういう類の物が苦手であるケースが多いもの…
自分がまったく分からないので、詳しいと「スゴイ!」と、つい感心してしまうのです。


女はインテリアに未来の住まいを想像する


2104
インテリアや住まいのクオリティなど、住環境にこだわる男も評価が高いものです。
なぜかというと住環境は女性に「ふたりの将来の住まい」をイメージさせるものだからなのです。

こだわりのある住空間の中では、女性は「この人と結婚したら、こんなステキな部屋で暮らせるんだ…」と将来に対する前向きなイメージを膨らませるものなのです。

「オレの印象さえよければ、家なんて散らかっていてもかまわない」と考えている男性もいるでしょうが、せめて彼女を最初に家に招くときくらいは、こだわりのある住まいを演出したいものですね。

上述したように女性は本能的に、インテリアにこだわる姿勢から巣づくりを想起します…
市販のものでこだわりのインテリアを揃えるのもいいのですが、手づくりインテリアはさらに高いこだわり感をアピールできます。
「日曜大工なんてオッサンの趣味だ…」と決めつけずに、トライしてみるのも良いのではないでしょうか。




Sponsored Links


女は意外と「小物」にも注目している!?


2102
最近は、長時間のパソコン使用で視力が落ちている人が多いかと思います。
そんな状況の中で、意外に見落とされているのがメガネへのこだわりです。

実はメガネにこだわらないのは、自分の顔にこだわらないのと同じこと…
似合うメガネをかけることで、ビジュアルを3割増しでカッコよく見せられるのです。

洋服を選ぶのと同じようにじっくりメガネを選んで欲しいものです。
メガネショップで、自分に合うメガネを真剣に探す野も良いでしょう。

同じく、こだわり感をかもし出す小物としては時計や靴、手帳などが挙げられます。
男性は女性のようにアクセサリーをつけませんが、その分時計にお金をかけたりします。

オシャレな時計をつけている人はポイントが高いのです。
また、高級な時計は財産にもなるので、価値のあるものに投資をしているイメージにもつながり、好印象を与えます。

そして手帳にこだわっている男性には、「自己管理がちゃんとできる」、「将来設計がなされている」といういいイメージがつきます。
実際、良い手帳を使うと日々の生活自体も充実するもの…
自分に合った手帳を携帯するのも一つの手なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る