女がやめて欲しいと感じている「男の悪い癖BEST10」
397 ❤

女性は男性の意外な部分を見ているものです…
髪型から服装、行動や言動、さらには思想や好みまで…

中でも「男性の悪い癖」に関しては絶対に見逃しません。
「男性の悪い癖」とか言われても納得できないものが多いでしょうが、それでも女性から高い評価を得るにはチェックしておくべきでしょう。

そこで、嫌う理由も含めて、女性がやめて欲しいと感じている…
「男性の悪い癖BEST10」を説明してみましょう。




Sponsored Links


男性の悪い癖BEST10


1817

 

第10位:「マナー違反」

第10位は公共の場での「マナー違反」です。
たばこのポイ捨てや道につばを吐くなどの行為です。

女性は隣の男性を自慢したいのです。
白い目で見られる男性と同類だと思われたくありません。
ですので、周囲の人からマナーを守れていない男性はNGなのです。

 

第9位:「店員への横柄な態度」

第9位は「店員への横柄な態度」です。
これは意外と男性は無意識でやっていることがあります。

注文の仕方やクレームの言い方などなど、どうしても「店員への横柄な態度」が出てしまうのです。
女性は「今は優しくてもそのうち自分にも威張ってくるかも」…
と思うと、そんな男性に恐怖を覚えるものなのです。

 

第8位:「食事のマナーの悪さ」

第8位は「食事のマナーの悪さ」です。
クチャラーや箸の異常な使い方は育ちの悪さを露呈するようなもの…
そんな家庭の一員となるのは耐えられないのです。

特に最初のデートのときなどは、女性は男性の食べ方やマナーなどを良く見ています。
気をつけましょう。

 

第7位:「浪費癖」

第7位は「浪費癖」…
自分のためにばかりお金を使う男は自分をないがしろにしていると思いますし、将来借金する可能性がある男は耐えられないのです。

これは単に借金がある・ないの話ではなく、デート中の衝動買いや自宅にいらない物があったりしても、あまり良くありません。
もちろん、あなたが年収何千万のセレブリティであれば別ではあるのですが…

 

第6位:「極端な偏見」

第6位は「極端な偏見です」。
「極端な偏見」とは例えば「女性とはこういうものだから…」とか「これはこうあるべき…」というような固定観念のことです。

もちろん人として、しっかりとした見識を持っているのであれば別ですが、何の根拠もない「極端な偏見」はNGです。
女性も自分を一段下に見ているといわんばかりの態度をとられたりすれば、そんな人と一緒にいるのは耐えられないでしょう。




Sponsored Links

 

第5位:「浮気癖」

第5位は浮気癖。
「あれ?意外と下位グループなんだな」と思って油断してはいけません。
女性の方もモテないキモ男を彼氏にしているというのも耐えられないので「多少のことには眼をつぶる」らしいです。

ただ、女性には幅があり、どれが「多少のこと」なのかはその人次第…
そして他のことと違い、浮気の場合は問答無用の一発アウトや、その後の友達への言いふらしがあります。

言いふらしは次の恋愛チャンスの芽を根こそぎ摘まれるので要注意でもあります。
ですので「浮気癖」致命傷になりかねません。

 

第4位:「逃げ」

第4位は「逃げ」です。
「えっ、そんなのが上位に食い込んでくるんだ?!」と思いがちですが、これが結構別れの原因になるのです。
喧嘩をしてからメールをしてない、何も言わずに部屋から出て行って口をきかない…
などなどの心当たりはありませんか。

まともに向き合おうとしない態度や、話し合う場をもってくれないと思うと、女には絶望感しかなくなるのです。
ですので「逃げ」の姿勢は要注意なのです。

そしてこれからのBEST3は女性にとって命の恐怖を感じる癖が並んできます。
これを感じると女性は「逃げ」モードに入るのです。

 

第3位:「ため息・舌打ち」

第3位はため息・舌打ち。
こちらも「えっ、こんなものが3位?!」と思いがちですが、これをモラハラと感じ、将来的には精神的に追い詰められると思うのです。
本当にちょっとしたことですが、「ため息」や「舌打ち」を相手にされると女性側も滅入ってしまいます。

「ため息」はその場を暗くしてしまいますし、「舌打ち」はその男性が怒っていそうで怖いという印象を与えてしまうことがあるからです。

 

第2位:「キレる」

第2位は「キレる」。
これは女性を恐怖にさせる原因そのもの…

女性側が「そのうち殴られるかも…」と予感させるキレは絶対NGです。
物に当たったりすると、将来はあの物のように殴られると女性は思い込むのです。

どうしても女性に対して「キレる」ときは、その女性のために…
という想いを忘れないようにしましょう。

 

第1位:「詮索する」

そして第1位は「詮索する」です。
「なんでこんなものが!・」と思いがちですが、近年詮索する男性=ストーカーというのが図式のようになっています。

束縛、監禁、暴力、はては殺される…
少し大げさのように感じるかもしれませんが、こんなイメージが男性に対する恐ろしさとして頭の中でぐるぐるしてくるのです。
そんなの恋した男の悪い癖だよ…
などではすまない世の中になってきているのです。

ハラスメントやストーカーを連想させる癖があったら、悪いことはいいません。
今すぐやめるようにしましょう。
女性は「詮索する」のが好きな生き物ですが、詮索されるのは大嫌いなのです。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る