男が意外と知らない…女とは「○○な動物」だった!?
1289 ❤

男と女は一生わかり合えないものなのかもしれません。
それは身体的特徴の違いや精神的特徴が異なるからです。

しかし「女性にモテたい!」と考える男性であれば、そんな女性について知っておく必要があるでしょう。
そこで男が意外と知らない…女とは「○○な動物」だった件についてお話しておきましょう。


女とは「男に抱かれたい」動物である


1675
女とは「男に抱かれたい」動物である…
こんなことを言うと、女性から反感を買いそうな気もします。

しかし女性の本能的な部分を探ると、結局は女とは「男に抱かれたい」動物であるという結論に至ってしまうのです。
もちろん、この「抱かれる」という意味を、男女の肉体関係だけと受け取ってはいけません。

もっともっと広い意味でとらえてください。
言いかえれば、女性は男性に比べると「倫理的動物ではなく、情緒的動物である」ということなのです。
この事が女性が男性に抱かれたい動物であると言った所以でもあります。

「抱かれたい」という女性の心理は、単に「抱かれたい」というだけでなく、その真意はネコのように抱かれたい動物だということです。
ご存知のようにネコは可愛らしく見えつつも、犬などの他のペットと比べると結構扱いにくい動物です。

呼べば逃げるし、呼ばないときでも、こちらの都合などお構いなしにすり寄ってきます。
そして少しでも嫌なことがあれば、飼い主にも爪を立てて警戒してきます。

それでいていつも自分が心地良いように抱かれたいという想いをもっています。
贅沢で自分勝手で快感原則に忠実な動物…
それこそが、まさに女性という生き物なのです。




Sponsored Links


女とは「他人によく見られたい」動物である


1680
「他人によく見られたい」というのは、いわゆる女性の見栄や虚栄心にあたります。
この点も男性とは異なり、女性独自の論理に貫かれているのです。
その構造を知らない男性は、しばしばひどい目に遭うことになります。

「ガリバー旅行記」の著者でもあるイギリスの作家スウィフトに「淑女の化粧室」という小説があります。
これは貴婦人の化粧室に使用人が忍び込んで、主のいない部屋の様子をじっくり観察するというないようなのですが、フケや髪の毛のこびりついた櫛や汚れた下着、垢の浮いた洗面器など、全編にわたって汚いものばかり出てくるのです。
美しく着飾って紳士たちの憧れの的となっている女性たちも、一歩裏側へと回れば、こんなものなのだと感じさせられるワンシーンです。

それほど女性は「他人によく見られたい」動物であり、自分の最高の部分を他人に見せ、他の部分は見せないようにするという本能が働いているのです。


女とは「噂話を好む」動物である


2009
女性が「噂話を好む」のは有史以来の世の常となっているところです。
ただし、これには条件があります。

女性が「噂話」を好むのは、自分が安全地帯にいる…
そんなときだけだということです。

たとえばテレビや週刊誌をにぎわす離婚記事などは、安泰な結婚生活を営んでいる主婦であれば一番の噂話になることでしょう。
人の不幸は蜜の味というやつです。

酒の肴で一番おいしいのは人の悪口であり、特に女性の場合はその傾向が顕著なのです。
しかも自分が安全な場所にいるときにする人の噂話くらい、女性のごちそうはないのです。




Sponsored Links


女とは「損したくない」動物である


2008
最後に女性とは「損したくない」動物だということです。
この点は男女問わず、誰もが納得する部分があるのではないでしょうか。

ただ男性と違って女性の「損したくない」という気持ちには、それこそ理性をかなぐり捨てた凄まじさがあるということを忘れてはいけません。
なぜなら女性には「損したくない」という願望が本質的にあるからです。

女性がスーパーなどで一円でも安い店に通うのもそれが理由なのです。
男性からすると、遠いスーパーに行った方がエネルギーを使って、結果的に損をしているのでは?とも感じてしまうのですが、女性の場合はあまりそういったことを損とは考えません。

バーゲンやセールなどで50%OFFと書かれた商品が、「とても安い!」と「お得!」と感じてしまうのも、それが理由なのです。
これはほとんどの女性が内に秘めている本能であり、デキる男であればこの点を良く心得ていなけれななりません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る