男の理想とは「いつまでも恋をし続けていること」…
359 ❤

よりよく生きるとは、潤いのある人生を過ごすことです。
カサついた気持ちで、いくら長生きしたって、つらいだけ…
面白くもおかしくもありません。

だからこそ、どこかカサついた感を免れません…
勝ち組はうなるほどお金を持っているが、あまりに現実離れしていて羨望する気にもなれません。

「ご勝手にどうぞ」…の世界でなのです。
男性の理想はそんなところにはありません。

男性の理想は、良き妻がいて、温かい家庭があって、なおかつ家庭を破壊しないような恋愛相手のいること…
それでときどき好きな趣味に打ち込めて、仕事がそこそこ上手くいっていれば、もう何も言うことはありません。

中でも人生の潤いに関わるのは恋愛なのです…
恋愛は人生のスパイスとして欠かせません。

人間は誰かを愛し、誰かから愛されていないと、本当の意味での心の幸せは得られないのです。
まず恋愛と結婚の関係について整理しておきましょう。

というのも、恋愛というのは結婚するしないにかかわらず、一生ついてまわる感情だからなのです。
現代では恋愛と結婚は切っても切れない仲にあります。




Sponsored Links
 

戦前は見合いという結婚の形式がありましたが、戦後は恋愛結婚が主流になりました。
適齢期を迎えた男女は、それぞれ自分が好きになった相手と結婚するのが理想という考えが広まった結果です。

ただし、最近は職場での恋愛結婚は少なくなってきています。
だが、どちらにしても以前からこの恋愛から結婚へという風潮に疑問が生じます。
なぜなら恋愛の延長線で結婚すると、失敗することが多いからです。

実際に恋愛結婚が増えてから、離婚もウナギ上りに増えました。
それを象徴したのが「成田離婚」という言葉です。

お互いが好き合って結婚に至り、めでたく結婚式を挙げて成田から新婚旅行に飛び立っていく…
一週間後、十日後に成田に帰ってきたときは、もう別れ話が決まっている…
これは無理もないのです。

恋愛というのは、お互いの緊張関係でもっているところがあるのですが、結婚するとそれが一挙に緩んで、お互いに本性が出てきます…
見たくもない部分が見えて「そんな人とは思わなかった」…
二人とも同じ感情をもって「じゃあ、別れましょう」になるのです。

だからこそ恋愛と結婚は別に考えた方が良いのです。
結婚相手は一緒にいて安心できる人、心休まる人がいい…

恋愛と違って駆け引きをしなくて済むからです。
加えて料理が上手で、家庭をしっかり支えてくれればいうこと無しです。

だが、一方で駆け引きに明け暮れるような異性の相手も欲しいというもの…
お互いに恋愛感情をもって接しながら、それぞれの家庭領域には踏み込まない…

そういう大人の関係を継続できる恋人の存在も人生には欠かせません。
しかし、この問題が難しいのは、男の私はそう望むが、同じ権利を自分の妻が行使するのを容易に是認できないという矛盾をはらんでいることです。

女性の側から見れば、ずいぶん勝手な男性の言い分に思われるでしょうが、それが男性というものです。
ただ世の中、良くしたもので、夫が外で自分以外の女性と恋愛をしていても妻の座さえ脅かされなければ目をつぶる女性もいます。

同時に妻子ある男性と恋愛ゲームを楽しもうとする女性も存在します…
結婚しながら恋愛も続行しようと思う男性は、妻選びにも恋人選びにも失敗しない鑑識眼を養う必要があります。

そのためには若いときから、観察眼を磨くつもりで女性とつきあい、修羅場を潜り抜ける経験なども積んで、対女性のノウハウを身につける必要があるのです。
そんな男性には口の固いのが一番です。

不倫関係にある女性に、家庭や妻のことをペラペラしゃべらないお互いに相手のプライバシーに踏み込まないのが良い関係といえます。
また男同士であれ、決して女性関係の秘密は漏らしてはいけません。
それを守れば、かなりレベルの高い豊かな異性関係を築けるはずなのです。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る