高嶺の花を食事に誘いたい時にまずやるべき3つのこと
678 ❤

ちょっと自分と不釣り合いなくらいの美人と食事に行きたい…
緊張するかもしれないけれど、人生で一度は飛びっきりの美人とデートしたいと思うのは男の性(さが)というものです。

そこで、そんな悩める男の高嶺の花を食事に誘いたい時にまずやるべき3つのこと…
そちらをご紹介しましょう。


やるべきことその1「警戒心を無くさせる」


2298
高嶺の花を食事に誘うというのは容易なことではありませんから、いきなりデートに誘っても上手く行くものではありません。

実は相手も好意を抱いていていきなり誘っても受けてくれるということはないわけではありませんが、明らかに可能性の低い勝負に出てその後チャンスを失ってしまうようなことになるのであれば、余計なリスクを取るだけになってしまいますから、避けるのが賢明です。

そこで、高嶺の花をものにしたいのであればまずは警戒心をなくさせるところから始めることが重要であり、少しずつ距離を縮めていくのが基本となります。
ライバルが多いだけに焦ってしまうものですが、それだけ相手も周囲の人間には警戒を寄せることになっています。

そのため、焦って勝負に出ても警戒されたままで上手く行かないことが多いため、警戒が解けるまで我慢強く少しずつ距離を縮めていくことが大切です。




Sponsored Links


やるべきことその2「盛り上がれる共通の話題を見つける」


2296
互いの距離を縮めるためには、盛り上がることができる共通の話題をなんとか見つけることができます。
どれだけに親密な仲になりたいと思っていても、共通の話題がなくて会話が成り立たないような状況では少し難しい物がありますから、共通の話題を見つけるようにしましょう。

元々、共通する話題があるのであれば楽なのですがそうでない場合には、高嶺の花がどのようなことに興味があって話題として盛り上がることができるのかを観察してさり気なくその話題を振ってみる…
あるいはその話題になった時にすかさず会話に加わるということで二人の距離を近づけることができます。

共通の話題がある人間に対しては好意を抱きやすいものですから、話のネタもないような状態でなんとかしようとするよりも、まずは共通の話題を見つけて話すきっかけ作りをすることが大切です。




Sponsored Links


やるべきことその3「共通の趣味を口実に遊びに誘う」


2299
共通の話題を見つけ上手く会話できる関係になれば、そこから共通の趣味を探しだしそれを口実にして食事やデートに誘ってみると可能性は高まってくるものです。
この時の趣味というのは必ずしも自分が興味がなければならないということはなく、あくまでも食事やデートの口実ですからそれほど興味がなくても問題はありません。

ただし、全く無関心のもので実際にデートの場面の時に興味が無いことがバレてしまったら嘘をついていたと不信感を持たれてしまい、それまでの苦労が水の泡になってしまうことになるのである程度話を合わせることができる程度に興味のあるものを選ぶようにしましょう。

互いの趣味が本当に合致をすれば、話も合わせやすいものですから共通の趣味があるということがわかったら、それを最大限に利用をして食事に誘うのが高嶺の花をものにするための秘訣となります。

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る