男なら「女の言葉の裏を読む」ことがデキるような男になれ!
627 ❤

あなたは女性の言葉をそのまま鵜呑みにしていませんか?…
それでは、あなたは恋愛の達人…
エッジの効いたビジネスマンとも言えません。

そこで、ここではしっかりと「女の言葉の裏を読む」ことがデキる男になるためのポイントをご紹介しておきましょう。




Sponsored Links


女の言葉の裏を読むとは?


2987
良く、女性は可愛くて恐ろしい動物だ…
といわれます。

男性と違って女性は二面性をもっているということです。
内面如夜叉という言葉もあります。

表面は美しいが、心の中は夜叉のように恐ろしい気持ちを抱いている…
ということでしょう。

この種の女性の扱いに慣れない男性は、女性の言葉や笑顔を、そのままうのみにするタイプなのです。
「帰っちゃイヤ」といわれたら、鼻の下を伸ばして居座ってしまう男性、「そんなのひどいわ」と女性が泣くと、オロオロしてしまう男性…
こんな男性だったら女の達人(エッジの効いたビジネスマン)には絶対なれないでしょう。

まず二面性を見抜くために、わざと逆のことをするのです。
「帰ってはダメ」といわれても平気で帰ったり、女性の涙は目から出る汗ぐらいに思って、動揺しないことです。

その言葉や涙が本物だったら、長いこと女性は、あなたの行為を忘れることはありません。
反対にその場限りの涙だったら、次にはもうケロリとしているでしょう。

また本当に恐ろしい女性は、唇の両端が少し意地悪そうに下がっているものです。
こういう女性には逆らわない方が安全です。
唇の薄い女性も冷たい性格が多いので、二面性に要注意です。




Sponsored Links


女の拒否の言葉の裏を読む


2981
「イヤ」「ダメ」「ヨシテ」「ヤメテ」という女性の否定は、はたして心から拒否しているのでしょうか?…
これを軽い否定から重い否定順に並べてみるとどうなるでしょう。

実はこの通りの順序になるのです。
「イヤ」とは「嫌い」ということです。

これは純粋な否定語ではなく、そんなことをしたら嫌いになる…
という予備信号なのです。
嫌いになるかどうか、男なら試す価値は充分です。

「ダメ」というのは、倫理的な否定で、処女や人妻が発する言葉です。
この言葉はズルズルと深みにはまる危険性のあるもので、こういう言葉を常に口にする女性は簡単に落ちるものです。

これに対して「ヨシテ」「ヤメテ」という表現には、どこか男を軽蔑した響きがあるです。
たとえば「ヤメテ」といっている女性をモノにしても、心の中で憎しみをもたれてしまいます。
「ヨシテ」も同様です。

特に、この二語に「よ」という語尾がつくようなら、けっして触ってはいけません。
「ヨシテよ」「ヤメテよ」という表現には、男に抵抗する強い意志があるからです。

女の達人(エッジの効いたビジネスマン)はこの拒否言葉を、女性にわざといわせるように仕向けるのです。
彼女がそのとき、「イヤ」というか「ヤメテ」というか、それによって積極的に出るかどうかを決めるから、ヤケドを負わないので済むのです。

エッジの効いたビジネスマンは、このようにして女の言葉の裏をしっかりと読むことができなければならないのです。
そして、その能力はビジネスにも活かされることでしょう。

Sponsored Links

この記事の著者

mensedgeMEN’S EDGE編集部

MEN’S EDGE(メンズエッジ)は、「仕事や恋愛で他人と少しでも“差(エッジ)”をつけたい!」と考えるビジネスマンを全力で応援するメディアです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links
ページ上部へ戻る